スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ポエット・パンク」?

2005年05月26日
昨日イオン千種のタワーでもらってきたbounceを読んでたら、「ポエット・パンク」という聞き慣れない言葉が出ていた。なんじゃそりゃ、と思って読み進んでいくと、どうやらまたイギリスのプレスが考え出したでっち上げムーブメントのことらしい。
この言葉はThe Departureいうバンドの記事に出ていたのだが、要するに最近増えている彼らのようなニューウェイブ臭のあるバンド群のことを指す言葉らしい。あっちではブリット・ポップ以来の狂騒らしい。

このDepartureいうバンドの音は聴いたことがないから評価はしかねるけど、どうせまたムーブメントを煽って雨後の竹の子のごとく似たようなバンドをドサドサ出してきて、あっという間に使い捨てなんでしょ~?「NME」→「ロッキンオン」経由で日本にも輸入されてすぐに過去のバンドになり、中古屋の100円CDコーナーへひとっ飛び~!かつてのメンズウェアを見ろ!
UK産はHypeが多いからうかつに手を出せんわ。日本と同じく国が小さいから、マスコミの喧伝に左右されやすくて嫌だわ。

その点アメリカは国がデカいからあんまりこういう事もないし、個人的にわりと安心出来る。ツアーでいかに鍛えたか、って事でしか証明するものがないし。アメリカもFaintとかみたいなNW影響下のバンドが多いけど、私はやっぱUKよりUS派。

さて、bounceをざっと見て、一応買おうかな~と思う新譜はまぁGarbageやNINか。お、Unsaneの新譜も出てたのか!まずはこれを買い。White Stripesも買おう。Hot Hot Heatの2ndも買わなくちゃ。

NINはどうしようかなぁ。新しい音は知らないけど、正直、NINみたいな重苦しいのは今はもうちょっと興味を失いつつある。
(だいたひかる風に)♪どうでもいいですよ♪って感じだ。今はもっとシンプルに音の面白さだけで楽しみたいなぁ。あとインダストリアル系が多いサイトやっててなんだけど(だからリニューアルするんです!早くやらなきゃ!ブログばっか書いてて進まない!)、打ち込み系の音にはもう全然反応しなくなってるんだわ。今はギターの音をたくさん聴きたい。
Garbageの場合さすが手練れという感じで、レアグルーブ系のロックになっててもう以前みたいな打ち込み入りロックはやめてるらしい。さすが経験豊富の熟練職人。

やっぱWhite StripesはNirvanaが出てきた時と同じような新鮮さと衝撃があったから、彼ら以降はどうしても「もっと生々しい音を!」いう気分になるなぁ。
Nirvanaを初めて聞いた時も、急にSkid Rowみたいなのが古臭く思えたもんなぁ(笑)。「もうこんなパーティー気分じゃないぞ」って感じで。
WSはライブも見たけど、たった二人であの音を出してるということが信じられなかったし、ほんとにかっこよかった。ルーツロックの濃厚な下敷きがあるのに、極めてクールで熱くならずに淡々とやるのが何とも新鮮だった。

さあ、早くcoldburnリニューアルしなくちゃ・・・(^^;
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。