スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋は観覧車だらけ

2005年05月05日
サンシャイン栄

名古屋とその周辺地域には、なぜかやたらと観覧車が多い。デートなんかで行く定番スポットには必ずと言っていいほどある。まぁ遊園地にあるのは当たり前だが、街のど真ん中や高速道路のパーキングエリアなんかにもあったりするのだ。それも、あまり巨大とは言えない中途半端な大きさのものが多い。

上の写真は、名古屋一の繁華街である栄のど真ん中にこの春オープンした、「サンシャイン栄」という複合施設である。中身は飲食店やギャル系の洋服屋などが入っている普通のビルであるが(ラーメンのフードテーマパークもある)、ご覧の通り外部には観覧車がくっついているのであった。
建設中はまだこんな施設が出来るということはメディアでもあまり伝えられてなかったから、未完成のこのビルを目にして度肝を抜かれた。「繁華街の真ん中に観覧車があったっていいじゃないか」という発想なのか。まぁ確かに派手で目立つし、名古屋的な発想とも言えるかも知れない。

名古屋港シートレインランド

そして次の写真は、名古屋港にあるシートレインランドという小さな遊園地。手前の建物は名古屋港水族館(この辺についてはこちらの記事を参照)。名古屋港は定番デートスポットだが、やはり観覧車があった。まぁ遊園地なのであってもいいが。

050505_2.jpg

そして上の写真は(前に邪魔な電灯が入っちゃったけど)、土岐プレミアムアウトレットに行った帰りに(これについてはこちらで)寄った刈谷のハイウェイオアシスである。ここは基本的に高速道路沿いのパーキングエリアであるが、通常より充実した飲食施設や物品販売施設、そして温泉施設があったりする。そんでもってランドマークとなっているのがこの観覧車である。「高速道路に観覧車があってもいいじゃないか」という発想なのか。ってか、目的地に着く前にここで遊んでたら遅くなっちゃうじゃないか。しかし、意外と観覧車は満員御礼であった。
どこだったか忘れたが、別の名古屋近郊のパーキングエリアにも観覧車があるそうである。

他にも万博のサテライト会場である笹島(名古屋駅近く)の「デ・ラ・ファンタジア」にももちろんあるし(長久手の万博会場にも当然ある)、ラグーナ蒲郡(こちら参照)にもあった。新しく造られた施設にはほとんどあると言っていいほどある。
東京にいた時よりも遥かに観覧車に遭遇する確率が高い。なんでこんなに観覧車がゾロゾロあるんだろうか。観覧車があれば「おしゃれなデートスポット」になるという安易な発想なのだろうか。
謎だ。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。