スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽ストリーミングサービスSpotify、Pandora、Groovesharkを使ってみて

2013年08月19日
海外ではすっかり音楽を聴く方法としてメジャーになった(定額制)音楽ストリーミングサービス。日本でも一部国内資本でのサービスが始まってはいるが、認知度や楽曲数ではまだまだで定着したとはとても言えない状況だ。
なにしろ最もメジャーなSpotifyPandora Radioが上陸してないのだから、どういうものなのかもあまり知られていない(なお、これらのサイトに日本からアクセスしても「あなたの国からは使えない」というメッセージが出るはず)。

これらの本丸が日本では使えない中で、思いっきり楽しめるのがGroovesharkだ。ここは日本からの制限もないので、普通に使える。という訳で私が最初に使ってみたのが(確か去年くらいからだったかな?)このGroovesharkなのだが、もう思い付く限りのアーティストのアルバムを聴くことが出来る。日本のアーティストはあまり試したことがないのでそれほど充実してないのかも知れないが、英米系だったらインディーズでもまず問題ない。ここはYouTubeSoundcloudのようにユーザーが音源をアップロードする仕組みなので、ライブラリーの充実度はすごい。
無料で使えるが、有料アップグレードも出来る。
また、好きなアーティストのページで「Play Station」というのをクリックすると、同傾向のバンドをランダムでかけてくれる。

が、しかし、著作権的にはグレーゾーンらしく、ここでプレイされてもアーティストにはお金は入らないようだ。多数のメジャーレーベルから訴えられてたりで危うい存在だが、オフィシャルチャンネルを開設するアーティストもいたりする。
モバイルでも使えるのだが、著作権問題をクリアしてないので公式アプリがApple StoreやGoogle Playから削除されている。iPhoneを脱獄すれば公式アプリは使えるが、セキュリティ問題も心配なのでHTML5を使ったウェブアプリで聴くのがモバイルでは一番安心だろう。でも使い勝手はあまり良くない。PCから聴くのは非常に快適。

Grooveshark

↑Groovesharkプラットフォーム

Groovesharkでは一度聴いた曲は次回アクセス時にトップページに反映されて、おすすめアーティストを出してくれるのでこれが結構役に立つ。新しいバンドを開拓するのに便利。
また、FacebookやTwitterアカウントからもログインできるので、今聴いてる曲をツイートしたりするのも簡単。
ただ、最新アルバムがなかったり、著作権的になんとなくうしろめたい思いwもする。
しかし、私がGroovesharkでアルバムをフルで聴いて気に入り、実際に買った事は数え切れないほどある。アーティストへの還元はしているつもりだ。

Grooveshark創業者の言い分はこちらの記事で読める↓
違法?合法?音楽配信「グルーヴシャーク」創業者に直撃!

また、こんな方向にも↓
トラブル続きの音楽ストリーミング「Grooveshark」、EMIの出版事業会社と配信ライセンス契約で合意

現時点では日本で自由に楽しめるサービスはGroovesharkくらいなので(Last.fmも使いにくくなってるようだし)、なんとか法的問題をクリアしてほしいものである。


・・・とまぁGroovesharkで新しいバンドも数限りなく発掘して楽しんでいたのだが、何ヶ月か前にこんな記事を見付けた↓

「Media Hint」NetFlix、PANDORA、rdioを日本から利用できるようにするプラグイン

Media Hintというプラグインをブラウザ(FirefoxとChromeのみ)にインストールすれば、国で制限されていたサービスを使えるようになる!早速入れて、Pandoraにサインインしてみた。

Pandra Radio

↑Pandoraプラットフォーム

Pandoraも無料で使えるが、Groovesharkのように個別の曲やアルバムでは聴くことは出来なくて、要するにネットラジオである。好きなバンド名を入力すると、そのバンドや似た傾向のバンドをかけてくれる。しかし、かけてくれるのがあまりひねりのない選曲で、私は一日で飽きてしまった。
上の画像のようにGodfleshで始めたら、選曲は
Godflesh→Jesu→Ministry→Fear Factory→Godflesh→Napalm Death
みたいな感じで意外な発見が全然ない。知られざるインディーズのいいバンドとかはほとんどかからないので、すぐ飽きる。海外ではかなり利用者が多いらしいが、私はもう使わない。これだったらGroovesharkのStation機能の方が百万倍いい。



そんな訳でまたGroovesharkにすぐ戻ったのだが、先日この記事を読んだ。↓

This is Justin K. Broadrick’s Spotify Playlist

Justinの選曲なんて超知りたい!と思ったが、Spotifyは日本からじゃ聴けないし・・・(以前試したらMedia Hint経由でも聴けなかった気がする)と諦めつつも、「Facebookからログイン」をクリックしたら、なんとサインイン完了!あれっ、Spotify聴けるじゃん!ってな訳でここ一週間ほど、すっかりSpotifyを楽しめちゃってるのであった。Media Hintを使えるサイトは日々増えてるようなので、それで使えるようになったのかも知れない。

Spotfy

↑Spotifyプラットフォーム

Spotifyは完全合法なので、うしろめたさもなしに存分に楽しむことが出来るw 無料プランだと数曲ごとにCMが入る。有料プランだと広告なしとかモバイルでも使えたりするようだ。
Spotfyのいい所は、最新アルバムも聴けることだ。上の画像の右側に見えるUnwoundの"Live Leaves"は去年リリースされたがアナログだけだったので、プレイヤーがない私は聴くことが出来なかった(Unwound死ぬほど好きなのに!)。それも無事聴くことが出来て満足である。

SpotifyもGroovesharkと同じようにトップページに聴いた曲が反映されてリコメンドが出るが、これがなぜかいつまで経っても最初に聴いたGodfleshだけしか反映されないんだよね。この辺どうなってるんだろう?
また、Groovesharkと同じようにアーティストページからStationも聴けるようだ。

Spotifyは合法サービスだが、アーティストに支払われるお金は雀の涙らしい。この事はよくネットでもアーティスト自身がぼやいてるのを見かける。
先述のJustinのリストの記事に関して、Justin自身もFacebookで言っていた(この投稿)。
また「Throbbing GristleやSPKの曲もリストに入れたかったのに、Spotifyにはほとんどないも同然だし。Whitehouseなんかゼロだし!」と言っていたw
このJustinのリストは、彼の趣味を知ってる人なら意外性はないが、彼らしいとてもセンスのいいリストである。



ネット上の情報によるとSpotifyは年内にも日本上陸するという噂だが、果たしてどうなるか。とりあえずみんなより一足早く楽しめるのは気分がいいので、Media Hint、おすすめ♪
アメリカのMTVにあるBeavis and Butt-headの最新シーズンのエピソードも日本からは見られないが、Media Hint経由で見られたのでもう死んでもいいw
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。