スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Revolver Magazine "Fallen Heroes" issue

2011年01月16日
アメリカのメタル誌「Revolver Magazine」の最新号"Fallen Heroes" issueに、Type O Negativeの残されたメンバー、Josh、Kenny、JohnnyがPeter Steeleについて語るインタビューが載っています。
この"Fallen Heroes"という特集は、ロック界の亡くなったミュージシャンについての企画で、Peterの他にはRonnie James Dio、Paul Gray(Slipknot)、The Rev(Avenged Sevenfold)についての関係者のインタビューがあります。その他Kurt Cobain(Nirvana)やLayne Staley(Alice in Chains)、Dimebag Darrell(Pantera)etc.の記事も。

Peterについての記事は5ページあって、残されたメンバーがPeterの死後に彼について語るのはこれが初めて。Peterの思い出、彼の抱えていた問題、死亡時の状況など、かなり読み応えのある内容。投獄された時のこととか、今まであまりよく事実内容が分からなかったことについても明らかにされているので、これは必読!

とりあえず死亡時のことをかいつまむと、Peterは2年前に新しいガールフレンドとペンシルバニアの田舎に引っ越していたらしい。Joshによると、Peterは森が好きだけど、田舎での生活には飽き飽きしていたらしい。
バンドはニューアルバムの制作に取りかかろうとしていた所で、リハーサルのスタジオが見つかったので、KennyはPeterの死の3時間前にPeterのペンシルバニアの家に電話を掛けたらしい。電話にはガールフレンドが出て、Peterは2日前からインフルエンザで寝込んでいて、嘔吐もしていると答えたらしい。Kennyは彼女に、じゃあPeterにKennyから電話があって、スタジオが見つかったということを伝えてほしいと言って電話を切ったらしい。
その何時間か後に、Kennyの(携帯?)電話に知らない番号からあって、Peterの妹(か姉)からのメッセージが。かけなおすと、
妹:「私たちはPeterを失ったの。」
Kenny:「どういう意味?」
妹:「彼は亡くなったの」

ということだったそうだ。
Joshは家にいて、JohnnyからPeterが亡くなったという電話をもらったらしい。

Josh:「(Peterの死に)驚いたけど、正直な所、彼がこれだけ長く生きられたことがショックだった。彼のライフスタイルはあまりにも不健康で、彼がほとんどの期間を馬のように頑強でいられたことが信じられないよ」

110113_1639~0001

↑表紙

110113_1640~0001

↑Peter・・・(T_T)

110113_1641~0001

↑是非読んでほしいインタビュー!

110113_1643~0001

↑Dimebag Darrellのコインが付録で付いてます。すごい立派なやつです。ずっしり。


この"Fallen Heroes" issueは去年の12月中旬に注文したんだけど、なかなか届かなくてや~っと数日前に届きました。年内には届いて、お正月にはこの感想をアップ出来るだろうと思ってたんだけど、なんでこんなにかかったんだろう?エアメールだったみたいだけど。

この号はType O Negativeファンにはマストなので、こちらからご注文どうぞ。Paypalでの支払い可。送料込みで3000円くらいかかってちょっと高かったけどね。久しぶりに海外音楽誌を買ってなんか新鮮。

このRevolverの編集長のBrandon Geistっていう人をTwitterでフォローしてるんだけど、この人は元々はインダストリアルマニアだったらしくて、私と結構好みが合うんだよね。この号でもKilling Jokeのアルバムをレビューしてるし。次号の内容とかツイートしたりするんだけど、この号のときも、Peterのことだけ言ってたんでなんか「おお、さすが!」と思ってしまったw この企画はやっぱRonnie James Dioがトップに来るけど、「次のRevolverはTONのトリビュート企画だ!」みたいな感じで。


★1/17 追記:

上でKennyに電話をくれたのが「妹か姉」って書いたけど、これは姉ですね。
Peterは末っ子だから。お姉さん達が4,5人いて、女だらけの家で(デカい体にもかかわらず)縮こまってたらしいw

それから、このブログでもっとインタビューの内容を書けばいいと思う人もいるかも知れないけど、あえて全部は書きませんでした。それは、この雑誌を買って読んでほしいからです。
こういうファンが待ち望んでいたインタビューを取ってくれたRevolver Magazineには、感謝の気持ちとして当然代金を払うべきです。今なら最新号なんだから容易に手に入るし。
この号が売り切れになったり、だいぶ月日が経ったらここで細かい内容を書くかも知れませんが、今はそういうことはしません。
ネット時代になって、音楽や書籍の違法ダウンロードが当たり前になって、作者に正当な著作料が入らなくなっていくのは何としても避けたい。
優れたものを作ってくれた人には、当然の報酬が支払われるべきです。

また、このインタビューの一部はこちらで読めます。これは一番最後の部分ですね。
スポンサーサイト
Comment
Peter's sister
そうだ、この記事のPeterの妹か姉って書いた所だけど、これは間違いなく「姉」だった!
なぜならPeterは末っ子だから!
お姉さんが5人くらいいるんだよね。思い出した。
明日パソコンから追記入れておこう。
ともこさん:
注文するならお早めに!届くのに時間かかるから(^_^;)
まぁ私の場合はクリスマス挟んだからかも知れないけど。

KJは新作です。このレビューは2010年のベスト20アルバムで、KJは8位でした。
私、今ちょうどこれをアマゾンで注文してて、明日辺り届くかも。楽しみ♪
おおお~~
お久しぶりです!

なんか必読ですね、(ちょっと高い・・でもファンは買わねば?!)

キリングジョークは、新作が出たのかな?
それともreissueですかね?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。