スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【名古屋エリア紹介】名駅

2005年01月27日
名古屋にやって来たら、大抵まず最初に訪れるのは名古屋駅だろう。3月に開業する中部国際空港から入っても、常滑から名古屋駅までまずは出ると思う。

名古屋駅の周辺エリアは「名駅(めいえき)」という。新幹線、JR在来線、地下鉄、名鉄、近鉄といった路線が集まる、名古屋の玄関口である。このエリア名古屋市の中区・中村区・西区の境界辺りになる。
名古屋駅の東口は「桜通口」、西口の新幹線口は「太閤通口」という。

デパートなどが集まっているのは桜通口で、JR高島屋、名鉄百貨店本店、松坂屋ナゴヤエキ店、メルサ、近鉄パッセがある。どっちかというとデパートは栄の方がリードしていたが、高島屋が2,3年前にオープンしてからは名古屋のデパート地図が変わったそうだ。

高島屋は駅と直結した「JRセントラルタワーズ」というビルの中にある。このビルは51階建てのオフィス棟と53階建てのホテル棟からなる超高層ツインタワービルで、ホテル棟にはマリオットアソシアホテルが入っている。このツインタワーはかなり離れた所からもその勇姿を拝める。ニョッキリとそびえるこのビルは、名古屋人の誇りである。

名古屋駅前

↑名古屋駅前。左側の丸い表面のビルがJRセントラルタワーズ、中央が松坂屋、右側にちょっと見えるのが「大名古屋ビルヂング」。

JRセントラルタワーズ

↑JRセントラルタワーズの夜景。

大名古屋ビルヂング

↑「大名古屋ビルヂング」。ビルディングではなくビル“ヂ”ングなのがミソ。っていっても単なるオフィスビル。

名駅エリアは栄に比べると繁華街はかなり小さい。ちょっと離れると店もまばらだ。しかし、現在桜通口は再開発の真っ最中で、JRセントラルタワーズの向かいには豊田毎日ビルの超高層ビルが現在建設中(2007年開業)。ここにはトヨタ自動車の海外営業部門がそっくりやってくるので、周辺の住宅地はトヨタの社員向けの住宅がにわかに建設ラッシュの兆し。また、同じく2007年には牛島再開発ビルも開業するので、名古屋駅前は超高層ビルだらけという景色に一変する。

今年3月には愛知万博が開催されるが、それに伴ってサテライト会場が名駅から徒歩10分の笹島エリアに設置される。ここにはZepp名古屋も出来るので(万博後も営業続行)、名駅エリアは今後大発展の予感。

さて、反対側の太閤通口だが、こっちはあまりパッとしない。通称「駅裏」と呼ばれている地域だが、パチンコ屋や風俗店などが多く、いい雰囲気ではない。
しかし、2003年秋にビックカメラが開店して、人の流れも少し変わったようである。名古屋にはヤマダ電気やエイデンなどの中堅家電量販店は多いが、東京のような大規模店はあまりなかった。パソコンパーツは大須の専門店で買う人が多かったようだが、ビックカメラの進出でだいぶ変わったのではないかと思う。

名駅周辺Map
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。