スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インテリアよりもファストファッション

2009年10月26日
昨日の日曜日、娘はダンナさんに預けて、一人でチャリでフラッと栄に行った。
そういえばユニクロのフラッグシップショップがオープンしたばっかだっけ、と思い出したので行ってみた。

ユニクロのこの大型店が栄に出来る、というニュースは数ヶ月前に知ったが、どの場所なのかは分からなかった。フラッグシップショップなんだから、かなりのスペースが必要だけど、どこに入るんだろう?と考えて思い当たったのが、ここ1年で続々と栄から撤退したインテリアショップの跡地だ。(「栄のインテリアショップ閉店続出」を参照)
多分、インザルームの跡地か、アクタスの跡地に違いないと思った。立地も申し分ないし。bals Tokyoの跡地だとちょっと中心から離れている。
で、やっぱり丸井のインザルームの跡地だったのだ。インテリアショップブームの後にファストファッション、まさにここ数年の消費の流れを象徴しているような。

ここは大通りからはちょっと入るけど、はす向かいにロフトの入っているナディアパークがあるので人通りは多い。でも矢場公園に面していて、わりと落ち着いた雰囲気のある場所だったのだが、今回行ってみたらまるで祭りのようなにぎわい。ガードマンが人の波を整理している。
中に入ると人混みでごった返していて、なんか熱気で暑いような。

一番目につく所に、やはり話題のジル・サンダーとのコラボライン「+J」があった。今回はこれがどんなもんか見たくて来てみたのだ。
全体的にモノトーン系で、カジュアルというよりもオフィスで着るようなきちんとしたものが多い。試しにコートを着てみたが、なかなかラインがきれいでいいかも知れない。価格は9990円。これで1万円しないというのは確かにお得だ。
ベルベットのタキシードジャケットも着てみたけど、これもラインがきれい。ちょっと改まったお食事とかによさげ。7900円くらいだったかな。大体コートが9990円で、ジャケットは7900くらい。ちょっと技ありのコートだと12900円くらい。上限で14900円くらいだったかな。9990円のウインドブレーカーっぽいコートがかっこよかったのでちょっとほしくなった。メンズの価格帯もこんな感じ。デザインは似た感じなので、ペアルック(死語)も出来そうよ♪
あとブラウスがたくさんあった。2900~3900円くらいだったかな。パンツ類は4900円くらい。
この価格でこういう良質なデザインのものが手に入るのはやっぱりうれしい。ユニクロとしては高めだけど、こういう姿勢はいいと思う。もっと他の一流デザイナーともコラボしてほしいな。

が、しかし、実際に私が買ったのは目玉商品の690円のタートルネックシャツ2枚(^^; いや、その、とりあえず秋冬用の普段着のシャツがあんまりなかったので買っとかないと、と思ってたので(^^; J+は今回は一応様子見ってことで。他のお客さんもこういうパターンが多かったように思う。あとヒートテックインナーはみんな束で買ってた。去年大ヒットで売り切れ続出だったからか。
でも、店内の混みように比べると、レジに並ぶ人は相当少なかった。すぐに買えたし。みんな「見に来ただけ」の客なのか。やっぱ財布のひもはグリングリンに縛られてるのねぇ。

さて、ユニクロを一通り見た後は、ロフトの下にあったKEYUCA(これまた閉店インテリアショップ)の跡地に出来たジュンク堂書店を偵察に行った。
ナディアパークには以前紀伊國屋書店があったのだが、撤退してソフマップに。でも今はソフマップも撤退。こっちは何になるのかな?
ジュンク堂はなかなかいい感じ。やっぱイオンとかのSCに入ってる書店とは品揃えが違う。脳みそのいつもは使ってない筋肉がムキムキ動き出すような気がした(笑)。
特に芸術書のコーナーが、「おっ?」と思うようなのが置いてあっていいぞ!ベクシンスキーという画家の画集が気になったので手に取ってみると、おお、出版元はエディシオン・トレヴィルだ!この出版社の美術書を置いている本屋はいい本屋なのだ!
こっちは「インテリアバブル→知の泉」への変化だったのでなんかホッとした(笑)。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。