スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デキ婚

2009年07月14日
さっき、Yahooニュースを見ていたら、俳優の佐藤隆太結婚のニュースが。

佐藤隆太、秋にパパ! 「僕は今、とても幸せです」と結婚を報告

彼は今『ルーキーズ』で絶好調だし(私としてはやっぱ『木更津キャッツアイ』のマスターなんだけど)、人生バラ色でよかったね~♪しかしキャッツはアニもすでに子持ちだし、みんな結婚早いな。

・・・と思っていたら、この記事のコメントを見ると「デキ婚」に対する非難轟々で、「爽やかイメージなのにがっかり」とかそんなんばっか。ちょっとびっくり。
まぁ確かに出来ちゃった婚ではあるが(アニもそうだっけ?)、ちゃんと結婚するんだから別によくね?「認知はするけど結婚はしない」とか言ってるんじゃないんだし。
佐藤隆太に反応するってことは、コメントを書いてるのは20代が多いと思われるけど、こんなに保守的なのね。中高年のおばはんじゃあるまいし。「不惑」の私の方が驚いちゃったわ。

こんなんだから、ほんとに婚外子として生まれた子のこの日本での生きにくさは想像に難くない。社会制度でも不利なことが山ほどあるだろう。
フランスでは生まれる子供の半数だったか3分の1だったかは婚外子だそうだけど(結婚制度にとらわれないカップルが多いということだ)、そういう社会だったら親が結婚してるかどうかにかかわらず、子供はすべて平等に扱われる。だからこそ、フランスは先進国でもトップクラスの出生率を誇れるのだろう。

日本という国は、まだまだガチガチに結婚制度に囚われてるんだな~としみじみ思った。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。