スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食事会行って来た

2009年05月29日
先日、娘の幼稚園のクラスの食事会に行って来た。会場は豆腐とかおそばの会席コースがあるような和食屋さんで、お昼の1500円のコース。まぁ、妥当な価格だ。結構いろいろあったしお得なコースだった。これがいわゆる「セレブ園」みたいな所だと3000円以上のランチコースとかになっちゃうんだろうか。

欠席者は4人だけで、かなりの高出席率でちょっとびっくりした。やっぱ最初だからかな。出といてよかった・・・
席はくじ引きだったので、仲のいいお母さんで固まる、ってこともなく、役員さんの配慮を感じた。一緒のバス停の子が偶然同じクラスなので、一応私もそのお母さんだけは顔見知りだけど(私の初の「ママ友」だ)、自由な席順だったら「ポツン・・・」となる可能性が高かった。

私の席は役員さん二人の近く。二人とも現在小学生の上のお子さんがこの幼稚園出身なので、もう園のことは何でも知ってる、って感じでいろいろ役立つ情報をゲットできた。
やっぱこういう情報入手のためにも出席はしないとダメだよな。ただせさえバス通園で日常の様子が分かりにくいんだし。「普通の人とどう話していいか分からない」とか言ってる場合じゃないよな(笑)。そんな私も、一応「園ママプレイ」で「うちの子はこうでしたよ」とか話を合わせることが出来た。はっはっは。私も大人になったもんだ。

なんか話を聞いてると、お母さん自身がこの幼稚園出身とか、さらにはお祖母さんの代からずっとこの幼稚園だとか、結構そういう人がいたんで驚いた。ってことは、きっといい幼稚園なんだな。先生もほとんど辞めないらしい。園によっては毎月のように先生が辞めちゃうような所もあるみたいだけど、労使関係も安定しているのはいいことだ。ここにしてよかった。

役員さんの片方のお母さんは、きっと私よりも年下なんだろうけど、どこから見ても「ザ・おかん」という感じ。子供を二人も育てると金太郎飴のようにどこを切ってもおかんエキスが出てくるようになるのか(笑)。でもとても気のいい感じの人。私の席の周りの人はみんな感じのいい人たちだった。
なんか「ボスママ」ってのがいたりとか、お母さん同士で仲間はずれにしたりだとかそんな話を聞いていたので「園ママ」っていうのにものすごくビクビクしていたが(2ch育児板行き過ぎ 笑)、全然案じるようなことはなかったな。

お母さんたちは大体みんなほぼ30代という感じで、二十歳そこそこのギャルママとかもいなくて、落ち着いたフツーの感じの人が多かった。服装も気取りのないカジュアル系。
これがVERY系のコンサバが多かったりする所だと、見栄っ張りママが多くて大変なんだろうな。のびのび庶民園でよかった(^^;

あと、クラスの名簿を見て思ったんだけど、意外と子供の名前もフツーだったんでちょっと拍子抜け。今ってすんげー名前の子が多いじゃん(参考→「DQNネーム」)。
最近の週刊文春にも「先生が名前を呼べない子供たち」っていう記事があって、「和源(わあげん)」くんだとか、「樹里亜菜(じゅりあな)」ちゃんだとか、「剣(ぶれいど)」くんだとか、「絆(はあと)」ちゃんだとか、もうこれは日本語かどうかも怪しい(汗)。
だからうちのクラスにもきっとすごい名前の子がいるんだろうな~と思ってたけど、今風ではあるけどまぁ許容範囲内、っていう名前ばかり。これはやっぱ、この辺りが落ち着いた住宅街だからなのかな。お母さんたちも良識的な感じの人ばっかだし。
これが「プリン頭+スウェット+キティちゃん健康サンダル」とか、「頭モリモリアゲ嬢」みたいなかーちゃんが多い所だときっとすごいんだろうな。
どっかで「子供に凝った名前を付ける親は、子供を虐待する可能性が高い」、っていうのを読んだけど、これは子供に奇天烈な名前を付けるということで、子供を自分の所有物だと思っている、また、周囲に(そういう名前について意見をするような)良識的な祖父母などがいない環境にある、というケースが多いからだそうな。確かに一理あるかも。

なにはともあれ、一応何とかやっていけそうな感じのクラスなので一安心だ。引き続き「園ママプレイ」頑張ろう(笑)。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。