スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭訪問

2009年05月16日
娘が入園してからほぼ一ヶ月経ったが、昨日、担任の先生の家庭訪問があった。幼稚園で家庭訪問なんて、私の時はあったっけ?
ま、とにかく、バス通園で普段の様子もあまり分からないので、先生にいろいろ聞けるいいチャンス。
今は家庭訪問は玄関先で済ませるらしく、お茶なども出さないように、というお達しが。まぁ面倒がなくていいか。いつもテキトーにしかやってなかった玄関の掃除を少しだけ丁寧にやって、お香なども焚いてみた(笑)。

予定の時間ジャストに先生到着。うちの担任の先生は、多分25、6歳くらいかな?いつもにこやかで、いかにも幼稚園の先生という感じだ。
お茶もお菓子も出さないでなんか恐縮しながら、とりあえずクッションを持ってきて玄関先に座っていただく。

うちの子は早生まれだから、みんなに何かと付いていくのが大変なのではないかと案じていたが、思いの外ちゃんとやってるらしい。先生も拍子抜けするほどだそうだ。今までずっと特定の遊び友達もいなかったので、お友達とちゃんと遊べるか不安だったのだが、お友達と遊ぶときは仲良く遊ぶし、一人で遊びたいときは淡々と遊んでいて、マイペースでやってるらしい。一番仲良しなのは、やっぱりバス停が一緒のKちゃんのようだ。ふぅ、とにかく一安心。

あと、なんか結構負けず嫌いらしい。何か作業をしていて手伝ってあげようとすると、自分でやるっ!、という感じらしい。とーちゃんもかーちゃんも「あら負けちゃった~」というタイプなのに、この負けず嫌いの血は一体どこから(笑)。

唯一問題はトイレトレーニングのことだけなのだが、これも園では結構ちゃんとやってるらしい。遊んでいる最中、怪しくなるとちゃんと自分で先生に「おしっこ」と言いに来て、トイレに連れて行ってもらうらしい。園にはおむつがないのでトレーニングパンツだが、濡らすことも少なくなってきているらしい。
んが~、園では出来るのに、なんで家では全然出来ないんじゃっ?家に帰ってくると「おむちゅがいい♪」と言ってトレパンを拒否。クマちゃんの補助便座に乗せても「出な~い」の一点張り。家だと甘えてるのか?

まぁとにかく、ついこの間まで赤ちゃんだったのが、一生懸命初めての社会で頑張ってやっているのかと思うとちょっと感動♪幼稚園は大好きだそうだし、いろいろ心配することはなかったな。

さて、一方私の方だが、毎日7時起きで、SOHOをいいことに長年だらけた生活をしていたのでいつも眠くてたまらない(^^; 8時20分にバスを見送って、帰ってきて掃除や洗濯などを済ませ、朝食を食べるとバスが戻ってくるまで仮眠(笑)。今はまだ帰ってくるのが早いのでちょっとしか寝られないから、ここ一ヶ月ずっと睡眠不足な感じだ。早起きが大嫌いな私にとって、7時程度でも血のにじむ思いなのであった(^^;

しかし、この私が幼稚園の先生の家庭訪問を受けるなど、なんか未だに信じられない自分がいる。なんていうか、「幼稚園ママプレイ」をやっているような気が(笑)。
今月末にはクラスのお母さん同士の「お食事会」があるのだが、やっぱ最初なので一応出席することにした。ますますプレイな感じだ(笑)。
うちの幼稚園はフツーののんびりした庶民園なので、いわゆる「VERY」系の見栄っ張り園ママはいない感じだが、「園ママ社会」というものがどういうものなのか客観的に興味があるので、ちょっくら潜入レポートしてくるわ(笑)。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。