スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖畔の旅:彦根城

2008年09月06日
080902_1.jpg

さて、伊賀の里モクモク手作りファーム(記事はこちら)を後にして、一路琵琶湖へ。つい最近、新名阪自動車道が開通したので名古屋から琵琶湖方面へはアクセスがグンと良くなった。
今日は長浜に泊まるのだが、ホテルに行く前に彦根に寄っていくことにした。

彦根といえばやっぱり彦根城。国宝の天守閣(上の写真)は端正な美しさだった。
彦根に寄る予定は初めはなかったので彦根城については何も調べていなかったのだが、現地に着いたら井伊家のお城ということで「おおっ!」と思う。井伊直弼は有名人だから知ってるぞ。

彦根は名古屋に比べれば多少は涼しいが、8月なのでそれなりに暑い。まぁ日陰に行けばちょっとひんやりする程度。でもせっかく来たのだから天守閣のてっぺんまで上ってみようということに。地図を広げて、「大手門」という門から入ってみることにする。

080902_2.jpg

↑大手門に行く途中のお堀には白鳥がいた。
お城に来たのは久しぶりだからなめていたが、いやあ、結構きついきつい(^^; 石段をえっちらおっちら上るが、暑いので汗ダラダラ。しかもウェッジソールのサンダルなんか履いてきてしまったので足が痛い。途中、「彦根城博物館」というのがあったが、ひこにゃん(彦根城のキャラクター。ご当地ゆるキャラ界のスターである)の展示なんかだったので、パスして天守閣へGO!

やっと天守のある広場(?)みたいな所に着く。天守はとても美しく、ちょっと感動。
てっぺん目指して中に入る。靴を脱いで、ひたすらはしごのような細くて急な階段を上る。ダンナさんは娘を抱っこして上るのでもう大変。息も絶え絶えでやっとてっぺんへ。
うわ~、琵琶湖を一望だ!とてもいい眺めである。しかし、殿様やお姫様はこんな急な階段を重い着物で上ったのだろうか。それとも偉い人は別の御殿のような所に通常いるのかな?
天守を下りて、下の広場の自販機でアイスを買う。うまかった!

080902_3.jpg

↑帰りは別の道から帰る。木が鬱蒼としていて涼しい。行きとは別の入り口に出たら、そこではチケットを販売していた。え、有料だったの???(汗)。大手門に方にはチケット売り場はなかったのでタダで入ってしまった(^^; ラッキーっていうか、ある意味裏技だ(^^;

080902_4.jpg
↑ひこにゃんと一緒にパチリ。この辺はどこに行ってもひこにゃんグッズばかりだった。

080902_5.jpg

↑表門の方のお堀。

080902_6.jpg
↑彦根城の前から延びている道は「夢京橋キャッスルロード」という名前が付いていて、町屋風の町並みになっている。やはり名物の近江牛のお店が多かったが、朝御飯のバイキングでおなかいっぱいで軽いものしかお昼は食べられず(^^;
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。