スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買ったCD

2006年07月18日
仕事のゴタゴタはなんとかケリが付いて、金銭的には相当なダメージを受けたが精神的には一応スッキリ。
んで、激忙しくて書けなかったのだが、この間近所のショッピングセンターにあるタワーで何枚かCDを購入していた。その感想をやっとこさ書こうと思う。前に「買おうと思う」って書いてたアルバムが大半ね。

Stadium Arcadium / Red Hot Chili Peppers
雑誌のレビューで「初期のブリブリファンクビートが復活」とか書いてあったんですごく期待して買ってみたけど、それほどブリブリでもないような。やっぱりわりと最近の傾向であるメロウな感じの曲が多いような印象。う~ん、私はビヨンビヨン跳ねるビートが聴きたかった。「Mother's Milk」に入ってる"Johnny, Kick A Hole In The Sky"みたいなやつ。やっぱりもう大人になったからあんなに跳ねられないのか。2枚組なので聴くのに時間がかかってダルい。全面ハイパービートでぶっ飛ばすんなら全然オッケーなんだけど。ってことでちょっと期待外れ。

「Garden Ruin」 / Calexico
これもね~、出来はいいけどちょっと期待してた音と違った。私は彼らの(ベタな言い方をすれば)「哀愁のラテンサウンド」風味がとても新鮮で好きなのだが、このアルバムではそういう面がもっと洗練されちゃってて残念。まぁああいうマリアッチサウンドが嫌だ、という人には遥かに聴きやすくなってるし、カフェとかでかかってそうなおしゃれサウンドに聞こえなくもない。でも私はあの乾いた熱砂の絶望感が聴きたかったのだ。もっと前のアルバムにさかのぼろうっと。

「The Curse of the Longest Day」 / 31 Knots
この31 Knotsというバンドは前からかなり気になっていて、ほんとはフルアルバムの「Talk Like Blood」が欲しかったのだが、近所のタワーじゃこっちのミニアルバムしか売ってなかったので仕方なく。相変わらずパソコンから音が出なくてネットで試聴できないので、ミニアルバムなら安いし外れてもOKってことで。ところがところが、これが大当たりだったのだ。すんごいかっこいい。まさに今の私の好みにぴったりの音だ。彼らはオレゴン州出身のポストコア/ポストロック系の3ピースバンドなのだが、心憎い変拍子と色気のあるヴォーカル、いい感じに歪んだギターが非常にそそる。例えて言うなら、ちょっとArcwelderを思い浮かべたのだが、このバンド自体がマイナーだから分からないか(笑)。Unwoundみたいなストイックさとはちょっと違った、かすかに妖しさを感じるサウンドがとても良い。amazonで「Talk...」を買おう!

「Rio Grande Blood」 / Ministry
Ministryの出たばっかの新作である。彼らの前のアルバムは買ってなくて、久々である。っていうか、インダストリアル系のアルバムを買ったのが超久々である。Cleopatraとかからダラダラ垂れ流されるうんこインダストリアルバンド(笑)に食傷し(この前久し振りにCleoのサイト行ってみたら相変わらずなリリースだった)、もうすっかりこのシーンから遠ざかっていたが、やっぱりいわゆる「インダストリアル」の創始者(TGは置いといて)なので無視は出来ない。
んで、冒頭にブッシュの演説かなんかをサンプリングしたのが出てきたが、こういうサンプリングを挟み込む音作りというスタイルがまたまた久し振りだったので何だか異様に懐かしくなった(笑)。そんでもって肝心の音だが、やたらメタルしている。ブラストビートでズドドドドだ。Slayerかと思った。個人的に今はメタルが再評価のマイブームなので(話すと長くなるが、パンクスのダンナさんがツタヤで安く売ってる怪しいメタルコンピDVDを買ってきて、メタルの「ダサかっこよさ」を再発見。「ヘビメタさん」に通じる感覚だ。「パンクさん」じゃフツーにかっこよくなってダメだ。暇があったらこれについて書こうと思う、元メタル少女の私であった。)、この方向性はかえってOKかも。今さら電子音+サンプリングでやられてもきつい。んで、まぁMinistryだけあって冷めた感覚なんで暑苦しいメタルにならないしよろしいかと。久々にヘッドバンギングしたくなったぞ(笑)。作曲にはTommy Victorも全面的に参加している。
ただ、難はジャケットだな。彼らの「Filth Pig」は史上最悪ジャケの一つだと思っているのだが、なんかジャケセンス悪いよなぁ。邪悪なジーザスに扮したブッシュってなぁ。いかにもだよなぁ。

「Playing the Angel」 / Depeche Mode
DMの新作である。私はかなり前に彼らの新作が出ると聞いて、「早く出ないかなぁ」と楽しみに待っていたのだが、去年の10月にとっくに出ていたと最近知って結構ショック(^^; あれ、おかしいな、アメリカにDave Gahanのソロライブ見に行っちゃうほどファンなんだけどな(笑)。
で、そんな私が気付かなかったほど話題になってなかった、ってことは出来が悪いのか、と心配したのだが、結果的に言うとかなりいい内容であった。つーか、久々に往年のサウンドが戻ってきたような印象だ。あのエロいメロディーラインとコード進行が復活だ!DMはAlan脱退後、その穴をどうやって埋めようかと模索していたと思うが、「Ultra」や「Exciter」は確かにDMのサウンドなんだけどなんだか物足りないような感じのアルバムだった。なんていうか、まるでデカフェコーヒーのような。しかし今作ではその辺も克服して、3人でのサウンド作りのキモを収得したような印象だ。やっぱりカフェインの魔力がなくちゃ。カフェインこそが重厚で複雑な旨味を醸し出すのだ。
今作での最大の変化は、Daveの作った曲が3曲も収録されていることだ("Suffer Well"、"I Want It All"、"Nothing's Impossible")。ソロで作曲に自信を付けたのだろう。実際、私がいいなと思った曲はDaveの曲が多かったので、Martinの作る曲に比べても遜色は全くない。それから、Martin作曲の"Precious"は"Enjoy the Silence"を思わせるような曲調である。
久し振りに聴き終わってからまた何度も聴きたいと思った彼らのアルバムなので、やっぱり来日公演が見たいよな~。さっき書いたDaveのソロライブ(in サンフランシスコ)は本当に素晴らしい、まさにプロのエンターテイナーのものだったので、フルのDMだったらどんなにすごいかと。DMがフジロック来たら、(嫌いなフジだけど)わざわざ苗場まで行くぞ。

ちなみにJesuの「Silver」は輸入盤しかなかったので、amazonで国内盤を買おうと思うのであった。

スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。