スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤバい先生

2006年05月25日
慢性の持病があるので昭和区に引っ越してきた時から通っている病院があるのだが、産前にまとめてもらっていた薬が切れて久々に行こうとしたら、先生が入院しちゃって休業してた(^^; 医者が病気で入院して医院を閉めちゃう、なんてのには初めて遭った。
ここの先生は私が通い始める前から何が悪いのか知らないけど病気がちで、週に2度くらいしか病院に来なくて後はヘルプの医者が患者を診ていた。まぁ私は症状が悪化した時だけ先生に診てもらって、後は薬をもらえればそれでいいのでこんな感じでも良かったのだが、休業となるとかなり困る。名古屋じゃここにしか置いてない医療機械もあるし、ベビーカーでも何とか歩いて行ける距離だったし(妊娠前はチャリで行ってた)。
今までちょこちょこ体の具合と折り合いを付けながらやって来たけど、今回はしっかり入院して治したいから休業、とのことらしい。再開の見通しは付かないらしい。

この先生は、今までも診察してる時になんか手が小刻みに震えていた(^^; 歳はどう見ても40代前半以上ではない、わりと若い男性の先生だが、ものすごく神経質そう。一体何の病気なんだろう。少なくとも自分のやってる科の病気じゃないことは確かだ(笑)。
この先生のキャラだと、自分で処方箋を書いて、って感じの鎮痛剤ジャンキーがよ~く似合う(笑)。診察中も次の薬をどうやって手に入れるか、ってので頭がいっぱい。

あ、こういう医者の話、昔読んだことあるな。バリ・ウッドの「戦慄の絆」っていう、実際にあった事件を基にした小説だ。クローネンバーグ監督の「戦慄の絆」の原作で、非常に面白くてかなりずしっと重く響く作品だった。ニューヨークで共に産婦人科医である一卵性双生児の兄弟が、アパートの部屋で腐乱死体で発見された。ここに至るまでの過程を描いたものなんだけど、小説では要だった兄弟の近親相姦的ホモセクシュアルの要素が、映画では微妙に排除されてたのが興味深い。クローネンバーグ監督は非常に好きな監督なんだけど、これで「ホモフォビアなのか?!」と思ったが、その後「戦慄の絆」にも出演していたジェレミー・アイアンズとジョン・ローンで「Mバタフライ」なんか撮っちゃうからそうでもないのか(そういえばジョン・ローンってどこ行っちゃったんだろう?ジェレミー・アイアンズは結構好き♪)。小説には出てこない、映画ならではの醍醐味っていうか、独特のオリジナル手術道具がかっこよかった。鋭利な変形メスみたいなやつで、金属フェチにはもうたまらん。クローネンバーグは「クラッシュ」でもロザンナ・アークエットに激かっちょいいガキガキ金属ギブスを付けさせていたけど、ああいうのが好きなのか。

ああ、だいぶ話が遠くにすっ飛んでいった(笑)。とにかくこの病院に代わる所を探さなきゃいけないので、とりあえずネットで見付けた所に行って薬をもらってきた。ちょうど東京から母が来ていたので赤ちゃんを預かってもらったが、ここはチャリじゃなきゃ行けない距離だ。今後どうしよう。ベビーカーじゃ無理。駅からもかなり離れてるし。土曜にするか。
あ~、先生、鎮痛剤中毒から早く立ち直ってよ~!(←勝手に決めつける私)
スポンサーサイト
Comment
うわっ!
まりりんさん:
すごっ!四人乗りですかっ!
もしコケたらと思うと怖いですよ~。端から見てると今にも倒れそうでハラハラしちゃいます。倒れた所に車が来たら、いっぺんに4人が轢かれちゃいます。

ふらっか~ず買ったらヘルメット被せて乗せたいけど、10ヶ月の赤ちゃんに合うのってあるのかな。
前と後ろと背中で四人乗りをしていた私。
そうか違反だったのか・・・。
参考にならなくてごめんね。

すごいね、ママチャリの進化。

まりりんさん:
うちの赤ちゃんはもうちょっとで首が座る感じです。
幼児椅子ってお座りできたらもうOKなんですか?ちゃんとつかまります?シートベルトとかあるのかな?
ネットで調べたら普通の幼児椅子は2~3歳からってあったので、10ヶ月から乗せられる「子供乗せ自転車」っていうのを買おうかと。
丸石自転車のふらっか~ず http://www.maruishi-cycle.com/frackers/child/index.htmlとか、ブリヂストンのアンジェーリーノ http://www.angelino.jp/ とか。でもこういう自転車っていかにもママチャリでかっこよくないんですよね~。ふらっか~ずパパはわりとスポーティーでいいからこれにしようかな。

自転車の前と後ろに子供乗せてる人ってよくいるけど、これって道交法違反だったんですね。ネットで調べて初めて知りました。
首がすわったらおんぶで自転車に乗れるよ。
お座りができるようになったら幼児イスをとりつけて・・・。
ベビーカーが大嫌いな子供達だったので(泣き叫ぶ)三ヶ月で自転車デビューでした。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。