スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市役所・愛知県庁 本庁舎

2005年01月15日
名古屋市役所名古屋のレトロ建築第一弾は、名古屋市役所の本庁舎。竣工年は1933年(昭和8年)で、こういう西洋建築的なスタイルに日本の城郭風の屋根を載せた建物のことを「帝冠様式」というそうだ。
高さ53mの塔がランドマークで、最上層の屋根の先端にはシャチが載っていて、名古屋城との調和を図っているそうだ。非常に重厚な建物で、名古屋城方面から歩いてくるとどっしりとした立派な外観が見えてくる。外壁のシックなブラウンに、白のアクセントがとても美しい。

■名古屋市役所本庁舎
名古屋市中区三の丸三丁目1番1号 Map
地下鉄名城線 市役所駅すぐ


愛知県庁さて、名古屋市役所の隣に建っているのは愛知県庁の本庁舎だ。これもとても立派な建物で、1938年(昭和13年)竣工。褐色のタイル張りだが、一階部分は花崗岩を張っている。こちらも帝冠様式の建築。屋根は瓦屋根。
名古屋市役所と並んでいることでこの辺は非常に落ち着いた雰囲気をかもし出している(写真の向こうに写っているのは名古屋市役所)。この近辺は愛知県の官公庁が集中したエリアで、裁判所や愛知県警なども近くにある。緑も多く、しっとりとした街並みだ。

■愛知県庁本庁舎
名古屋市中区三の丸三丁目1番2号
地下鉄名城線 市役所駅すぐ
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。