スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋の街並み

2005年01月15日
名古屋の街並みというと、やはりきっちり区画整理されているとか「100メートル道路」というのが思い浮かぶ。こういう都市計画は、戦争で名古屋の街がすっかり焼け野原になったから出来たものである。戦後に一から作り直したので、将来の車社会を予想して、車にとって都合のよい街並みになった。栄の真ん中を貫く100メートル道路の久屋大通は、中央部に長い公園のあるデッカい道路である。

しかし、こういうデカい道路のせいで、繁華街が「面」で広がっていかないというのが名古屋の街である。繁華街の活気はやはり徒歩で広がって行くものだから、デカい道路があるとそこで繁華街は寸断されてしまう。
東京は渋谷も新宿も徒歩感覚で広大に広がっている。渋谷から代官山や原宿・青山へ行く間も、ショップは果てしなく連なりブチッと途切れることはない。
名古屋にはあまりこういう街がなく、駅の周辺部にこぢんまりと繁華街がある感じだ。これが私にはとても寂しい。本来車があまり好きではない私にとって、デカい道路は怨嗟の的である。

さて、話は変わるが、すっかり焼け野原になってしまったから、名古屋にはあまり古い街並みが残っていない。名古屋城も戦後再建されたものである。レトロ建築が好きな私にはこれは非常に残念なことである。ニューヨークもロンドンもパリも、古い建築と現代建築が絶妙なハーモニーを奏でているから素敵な街並みなのに。
しかし、各エリアには奇跡的に戦災での消失を免れた建築が残っている。東区の白壁地区や名古屋駅近くの四間道(しけみち)など、「町並み保存地区」に指定されている所がいくつかある。これから、こういう所にカメラを持って行ってみたいと思う。

ということで、このカテゴリー「レトロ建築 in 名古屋」では、そうした素敵な街並みや建築物を写真で紹介したいと思う。
スポンサーサイト
Comment
Re:はじめまして
TeNさん:
初めまして、コメントどうもありがとうございます。100メートル道路が軍事転用目的で造られたのなら、なおさら嫌な気分になりますねぇ。札幌の100メートル道路もそうなのでしょうか。
でもこの道路のおかげで久屋大通公園のような公園が繁華街の真ん中にあるのはいいことだと思います。コンランショップが拠点となって、栄のあっち側も発展して人の流れが出来ればいいですね。
はじめまして
infinityさん経緯でコチラに伺いました。かなり古い記事へのコメントでお許し下さい。
東西・南北に走る<100メートル道路>、「将来の車社会を予想して・・・」と言うのは表向きの説明であって、「次なる大戦時の空港建設のため」という裏の説も実は存在しています。
今現在はご存知の通り100m道路内に巨大工作物がたくさん建設されて撤去するのが大変な状態、軍事転用の見る影もなく「ただ広いだけの<たわけ>な道路」と言われるだけの存在なのかも知れませんね!?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。