スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんの名前

2006年02月22日
赤ちゃんの名前は、結構前から考えていた。一応参考のため名付け本を買ったのだが、今時の名前は信じられないくらいケバケバしいのばっかり。キャバ嬢かよ。あと「宝石」と書いて「じゅえる」と読むとか、「地球」と書いて「がいあ」と読むとか、はたまた「麻亜久(まあく)」とか「万里鈴(まりりん)」とか、もう洋物かぶれの暴走族かと。そういえば的場浩二の娘は「てぃあら」っていうらしいな(笑)。

個人的には女の子なら古典的に「子」の付く名前がいいけど、今はほぼ絶滅。私の名前は昭和の遺物なのか。極端だけど、桐子とか静子みたいな名前って、昔の文芸の香り漂っていいんだけどなぁ。タニザキとかカワバタとかの小説に出てきそうじゃん?まぁ確実に「ババアみたいな名前」っていじめられそうだが。
男の子だったらお侍みたいな名前がよかった。「~之介」とか「~之進」とか。和風な感じがいい。

とは言え、本人の事も考えて、一応今風だけど、ケバケバしくない名前にしようという事になった。しかし、ダンナさんが考えるのは女の子の名前ばっか。「男の子だったらどうするの~?」と言うと、「優太とか健太でいいんじゃねーの?」と超テキトー。さすが、根っからの女好き(笑)。

で、ダンナさんが名付け本をめくりながら、女の子の名前には「にすい」の漢字がいい、と言い出した。んで、「冴」っていう字がかっこいいと。じゃあこの字を使った名前でといろいろ考えて、冴を「さ」と読んで「さや」という名前が響きもいいので決まり。じゃあ「や」の字はどうする?と言うと「『夜』がいい!」と。夜ってどうなんかなとも思ったけど、まぁ二人ともダーク系ロック好きだし、って事で「冴夜ちゃん」に決定。
しかし、この名前だとなんか絶世の美女じゃないとなぁ、って事で、もしイケてない子だったら「冴子ちゃん」にする事になった(笑)。

この話を去年12月東京に帰った時に高校時代の友達にしたら、「もし冴子ちゃんって付けたら、大きくなった時に酔っぱらって『冴子ちゃんもすっかり綺麗になったじゃない。あなたが生まれた時、あんたのママは“イケてなかったら冴子って付ける”って言ってたのよ』って絶対バラす」と言われたので、深く傷つきそうなのでとにかく冴夜でいく事にした(笑)。冴夜ちゃん、どうか美女になって(^_^;)

ちなみに男の子だった場合の名前は私が担当する事に。音楽にちなんだ名前がよかったので、「音」の字を使って「なおと」がいいかなと。私は読み易いように「那音」がいいと思ったのだが、2月に帝王切開で生まれる事が決定したので、如月の「如」が「なお」って読むらしいんで「如音」がいい、とダンナ。なんか素でビジュアル系のボーカルやれそう(笑)。
結局「如音」はお蔵入りになっちゃったな。もし、もう一人男の子が生まれたとしても、2月生まれじゃないと。

さて、冴夜ちゃんが大きくなって「なんで冴夜ってつけたの?」と聞かれたらどうしよう。「にすいだから」ってのが理由だけど、これじゃあんまりだ(^_^;)ダンナさんは「冴えわたった夜に生まれたから」ってでっちあげよう、と言ってたが、実際に生まれたのは雨の日の真っ昼間(笑)。
スポンサーサイト
Comment
すいません
携帯だとそちらのURLがわからないので、退院後見ます。
ってかTB欄の投稿数は0になってるんですが。
はじめまして。
TBさせて頂きます。よろしくお願いします。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。