スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初詣

2006年01月03日
今年のお正月は結婚して2回目。ほぼ去年と同じメニューでおせちも作って(黒豆とか昆布巻きは買ったけど)、去年と同じくプレステの人生ゲームを何時間も続けてやりまくる。なんかこういうのがうちのお正月のスタイルになりつつあるな(笑)。来年からは3人で過ごすお正月になるが、赤ちゃんがちょっと大きくなったら一緒に人生ゲームというのを恒例にしよう♪

さて、さすがに3日になると家でダラダラしてるのにも飽きてきたので初詣に行った。今年はやっぱり安産祈願が出来る所ということで探してみたが、熱田神宮もそうらしいけどとにかく混み方が半端じゃない。他には塩竃(しおがま)神社という所もそうらしく、うちからも結構近いのでここに行ってみた。
場所は鶴舞線の塩釜口駅が最寄り駅で、八事神社のすぐそば。車で行ったが、正解だった。ものすごい坂道を上った所にあるので、駅から歩いたら死んじゃう。通常時よりも賑わってる感じはしたが、全然楽勝。近所の人がほとんどという感じで、あっという間に参拝終わり。たこ焼きとお面の屋台が出ていたが、たこ焼きはまだしもお面なんてあんな地味な人出で売れるんだろうか。ってかたこ焼きは買っちゃった(笑)。外はカリッとしてて、中はトロッとしててかなりおいしかった。
塩竃神社は安産・虫封の神様ということで祈祷済みの腹帯なども売ってたが、これが1万円とかふざけたお値段。儲かるな~。私はお守りなども買わず、お賽銭は100円とちょっと奮発。(←十分セコい)熱田神宮は大安の日はお宮参りの赤ちゃん連れでもすごく混むらしいが、塩竃神社だったら楽々だろうからお宮参りもここにしよう。無事に生まれたご報告。

昼過ぎに家を出て、あっという間に参拝が終わってしまったので、まだ帰るには早いのでちょっとドライブ。広小路通りに出て、東山線に沿って東へ行ってみる。この路線は星ヶ丘(三越があったりする、「VERY」な奥様憧れの街)を過ぎると一気に郊外の様相を呈してくる。この辺の名東区は転勤族が多く住む所らしいので、赤ちゃんが学校に行くようになったらこっちの方がいいかなぁと思ったけど、やっぱちょっと郊外過ぎるかなぁ。いかにも新興住宅地という感じで、だだっ広くてなんか落ち着かない。今住んでる所みたいなこちょこちょ小道がある所の方が落ち着く。わりとカフェとか雑貨屋さんとかおしゃれな店も多いらしいけど、そういう所には車で行くんだろうな。

藤が丘を過ぎて、長久手、日進と名古屋市外に入る。この辺は愛知学院大学とか名古屋外国語大学とか結構大学が多いみたいだが、どれも「これって会社?」みたいなまっさらの四角い建物で、あんまり大学という感じがしない。やっぱ大学行くんだったら、自分が行った所みたいなレンガ造りの古い校舎で、緑が多くて雰囲気のあるキャンパスって大学がいいなぁ。

とにかくこの辺は何もかもが新しくて、ドーンとデッカい道路と広い空ばかり、という感じだ。こういう所では子供の連れ去り事件とかは起きないのだろうか。普段大人は車で移動する道を、子供は歩いて通学するから狙われるんだよな。そういえば、栃木の事件はまだ解決していない。昨年末に連続して小学生女児が犠牲になる事件が起きたが、やはり以前のように「人事」ではすまない気持ちだった。赤ちゃんが小学校に入ったら、帰ってくるまで心配でたまらなくなりそう。私が小学生の頃は一人でフラフラ帰ってきても全然心配なかったが、嫌な世の中になったものだ。

名古屋市内に戻ってきて、瑞穂区と熱田区の境辺りまで行ってみると、何だか異様に車が渋滞している。この辺は別に何にもないのになんで混んでんの?と思ったが、もしかして熱田神宮の渋滞?!ここから熱田神宮まではまだかなりあるぞ。でもみんなそっち方向に曲がるので、きっとそうだ。熱田神宮、恐るべし。
名古屋に来てからまだ一度も熱田神宮に行ったことないんだけど。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。