スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフィテル・ザ・サイプレス 名古屋(名駅)

2005年12月23日
051223_1.jpg

今年のクリスマスは3連休!赤ちゃんが生まれたらもう当分ディナーとかは出来ないから、クリスマスが最後の機会なのでちょっと素敵なレストランに連れてって~♪とダンナさんにお願いしていたのであった。私はディナーだけのつもりだったのだが、ホテル宿泊も予約してくれていたので、ありがたくおでかけ。

泊まったのは、名駅のソフィテル・ザ・サイプレス 名古屋iconソフィテルはフランス系の世界最大級のホテルチェーンAccorグループの運営するホテルで、他にもノボテルとかメルキュールなどのブランドがある中、ソフィテルは最高級ブランドになってるらしい。
実は去年の夏にニューヨークに行ったときに泊まったのもソフィテルで、部屋の設備や立地、雰囲気など非常に満足したので、友達がNYに出張に行ったときもここをおすすめした(Sofitel New Yorkについてはこちらの記事参照)。4つ星だけど同クラスのホテルより少し安かったし、日本のガイドブックにはなぜか全然出てないので穴場的なホテルだ。
日本にはどこにあるのか調べてみたら、東京と名古屋にあるというので、このソフィテル・ザ・サイプレス 名古屋はずっと気になっていた。なお、ソフィテル東京は上野っていうか湯島っていうか、東京大学のすぐ側にあるらしい。微妙な立地だけど、東大関係者が良く泊まるのかな。

さて、名古屋のソフィテルだが、イブは満室で予約が取れなかったそうで、イブイブのお泊まり。イブはうちでのんびりしよう。
立地は名古屋駅の桜通口から徒歩4分というなかなかいい場所。11階建て115室なので、わりとこぢんまりとした感じだ。ロビーも大ホテルのように人がたくさん行き交うような華やかな雰囲気はないが、アットホームな感じ。でもNYの方がロビーのインテリアは断然おしゃれだったな。レストラン1つとコーヒーラウンジ1つ、あと宴会場を備えているが、ジムやギフトショップはない。NYのソフィテルのギフトショップは、パリ直輸入雑貨などかなり小粋な品揃えだったんで残念。

私達が泊まったのはスーペリアダブルで、都会のホテルとしてはかなり広い部屋だった。ベッドとソファーの間になんかやたら空間があったりと(上の写真)、結構余裕がある。部屋のインテリアは柔らかな女性的な感じ。シンプルフレンチっていうのかな。ソファーも普通は一人掛けのがあるくらいだけど(あとデスク用の椅子が一脚とか)、ここはラブソファもあったりでかなり余裕。
部屋に置いてある情報誌とか(ソフィテルオリジナルも)はみんな英語/フランス語だったりで、ここは外人客の比率が多めなのかも知れない。NYのソフィテルもヨーロッパからの個人客が多かったみたいだが、日本での知名度はいまいちでもヨーロッパでは馴染みのブランドなのだろう。
ホテルの規模は小さめだが、ルームサービスは24時間対応。こういう所は世界的なホテルって感じでいいやね。でもホテル内には自動販売機が全然なかった。まぁちょっと外に出ればすぐあるんだけど。

051223_2.jpg

↑上の写真とは反対側の方向で撮った所。ベッドは結構堅め。大きさは十分。

051223_3.jpg

↑バスルーム。NYはシャワーブースが別だったんだけど、ここはバスタブのみ。NYはバスローブもあったが、ここはなかった。ソフィテル東京はシャワーブースとバスローブ完備のようだ。

051223_4.jpg

↑普通、洗面台はバスルーム内にあるが、ここはちょっと変わっててバスルームの外にあった。拡大鏡とスツールがあるのでお化粧の時便利だった。

051223_5.jpg

↑シャンプー、リンス、ボディソープはロクシタンのものだったのがちょっとうれしい。ちなみにNYではRoger & Galletというフランスのブランドのものだったが、やはりいつもおフランス系なのね。

洗面台の右隣に冷蔵庫やミニバーがあって、ミネラルウォーター2本と、ほうじ茶・煎茶は無料。ドリップコーヒーは有料。冷蔵庫は中身を自由に動かせるタイプなので、好きなドリンクを持ち込めるぞ。
最上階の部屋だったけど、窓からの眺めは正直あまり良くない。まぁ11階だから仕方ないか。去年泊まったホテルグランコート名古屋の眺めは非常によかった(こちらの記事参照)。あと、一昨年はJRセントラルタワーズにあるマリオットアソシアだったのでもう最高!ちなみに、クリスマスの日にここでプロポーズされたんデス(照)。ってか、毎年クリスマスにホテル泊まってるバブリーなわしら(^^; まぁ今年で打ち止めだろうなぁ、やっぱ。

051223_6.jpg

↑クリスマスディナーは地下にあるメインダイニングの「WHIZZ by Cypress」で「エトワールコース」。ここ、なんか外国の大学の図書館みたいな内装だけど、とってもシックで素敵だった。大人な感じよ♪バーも併設(写真左側後方)。

051223_7.jpg

↑前菜の「ズワイ蟹とマセドワーヌポテトのサラダ仕立て ゴマ風味のシューバトン添え」。これ、めちゃめちゃ美味しかった。蟹がポテトとよく合ってた。
あともう一つ前菜に「活車エビ&鯛&ホタテ貝の洋風茶碗蒸し イクラ添え」というのもあったのだが、おなかへってたんで写真撮るの忘れて食ってしまった(^^;

051223_8.jpg

↑メインの「牛フィレ肉のステーキ バイヨンヌ風 ポテトチップ添え 赤ワインソース」。ニンジンやポテトがツリーやベルの形にカットしてあってキュート♪お肉ウンマ~!
あと、これの前に魚料理の「オマール海老のバプール ポロ葱の白ワインソース トリフ添え」というのもあったのだが、これも写真撮るの忘れて食っちゃった♪
お肉とほぼ同時にグリーンサラダも。あとパンも。パンは香ばしくて非常においしかった。

051223_9.jpg

↑クリスマス特製デザート!ケーキはりんごのシブーストで、めちゃめちゃウマ~!ケーキの上に乗っかってたサンタが、なぜかノコギリ持ってて何となく邪悪な顔(笑)。
ディナーコースのお料理はどれもとても美味しゅうございました。カジュアルフレンチという感じかな。ソースも軽めで胃に優しい感じ。内装もシックだし、通常時のディナーコースは4800円とホテルのレストランとしてはかなり良心的な価格なので(今回のクリスマス特別コースは1万円に跳ね上がってたが)、ちょっとした記念日などに使えそうな所であった。

翌日の朝食は、ラウンジで和洋折衷バイキング。パンが焼きたてじゃなかったのがちょっと残念だけど(自分でオーブントースターで温める ^^;)、かなりたくさん種類があってお腹いっぱい♪フレッシュのオレンジジュースがおいしかった。

ここのチェックアウトは12時。それまでダラダラしてようかと思ったが、11時過ぎにかなり大きな地震があって、なんか怖くなってもう出ようということに。
ってことでフロントでお会計。今回は1万円のディナー付きで、二人で4万のクリスマスプランのはずなのだが、なぜか請求されたのは2万6千円ほど。あれ???と思ったが、素知らぬ顔でチェックアウト(笑)。領収書にプリントアウトされた明細では「御朝食付きプラン」となっていた。つまり、ただでディナーを食べられたということか?!うっひょ~、超ラッキー!何だか知らないけどごちそうさま♪まぁこういう事は滅多にない事だと思うが、ホテルには非常に満足したし、楽しいイブイブであった。(スタッフは「計算が合わない!」と悩みまくってたかも知れないけど)

上でも書いたようにこのホテルは大ホテルのような華麗な雰囲気はないけど、一流のサービスを比較的手頃な価格で享受できるので、コストパフォーマンス的にもおすすめの所だ。周辺は食べる所にも事欠かないし、連泊するのにいいホテルかも。
うちは今後海外で泊まるときはソフィテルにするざます(笑)。

ソフィテル・ザ・サイプレス 名古屋
icon
名古屋市中村区名駅2-43-6 Map
Tel. 052-571-0111
名古屋駅 桜通口から徒歩4分
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。