スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々に社長と会う

2005年01月08日
社長が昨日から一宮に仕事で戻ってきているので、ちょっとお茶でもしないかと言われ、栄で会うことになった。去年引っ越す前の1月末か2月始めくらい以来だから、ほとんど一年ぶりだ。名古屋に来てからは電話とメールで仕事の連絡を取っている。

少し遅れそうになったので、伏見駅で社長の携帯に電話を入れようと思ったのだが、地下鉄駅構内はどこも圏外だよっ!名古屋ってそうなの?!これにはちょっと驚いた。電車内で圏外なのは、マナー的にもOKだとは思うが、ホームで通じないってあんた。名古屋の人は不便に思わないのだろうか。栄に着いて、地下街に入ったらやっと通じた。

とりあえず、HARBSという名古屋では昔からおなじみのケーキ屋さんでお茶。仕事の今後の展開とか、近況を話す。
私が名古屋でまだ友達が全然出来ないので、今年の目標は少しでも知り合いを作ることだ、と話した。社長は名古屋の大学を卒業して、こっちで実家の会社を引き継いでいたのだが、90年代に入ってもっと新しいことをやろうと東京に移った。だから当時は私とは逆の状態だった訳だが、社長はR&Bが好きなので、両国のソウルバーに通って知り合いを増やしたそうだ。ここには結構面白い人がたくさん集まってくるそうで、アパレル業界の人やクリエイター関係、そしてお相撲さんもやってくるらしい。これは初めて聞いた。ちょっと社長を見直した。主婦友達とか作っても合わないだろうから、私も音楽関係で交友関係を作った方がいいよ、と言われた。う~ん、やっぱそうかなぁ?

社長はボンボンだからあまりいい経営者とは言えないのだが、逆に言えば育ちがいいから、人間的にはおっとりしていていい人である。ガツガツしてないのは経営者としては良いとは言えないのだが、物事を素直に捕らえて偏見がない。だから何だかんだで今まで一緒にやってこられたのかも知れない。

その後、私のダンナさんが私より5つ年下と聞いてびっくりしてた。前に話さなかったっけ?!ってか、早生まれなので学年は4つ下である。私が年下はこっちのペースで行けるし意外といいもんですよ~と言うと、「年上だと自分より大人だと思っていろいろ期待するけど、実際はそうでもない事も多いからね」と言っていた。確かにそうである。昔付き合ってた彼氏はまさにそうだった。いろいろ大変で疲れ果てた。

東京にいた時は社長の経営手腕のダメ振りばかり目についていたが、久々に会って良い面にいくつか気が付いた。それに、私という人間のことを意外とよく分かってたんだな、と思った。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。