スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライムリゾート賢島-食事篇(伊勢志摩旅行 その4)

2005年10月17日
プライムリゾート賢島icon(施設や客室についてはこちらの記事参照)の食事について。今回は「秋期特別宿泊プラン」というので泊まったのだが、これは夕食のコースが通常とは違う特別メニューになっている(世界三大珍味使用よ~ん)。
このホテルの料理長は神戸北野ホテルの総支配人・総料理長の山口浩氏で、彼はフランスの三つ星レストラン「ラ・コート・ドール」で働いていたらしい。
彼の料理は「水のフレンチ」と呼ばれる、バターや生クリームを極力使わないヘルシーなものだそうである。
このホテルのレストランは、メインダイニングのフレンチ「アッシュ・ドール」と、フレンチ-ジャパニーズの「イグレック志摩」、それから鉄板焼等のカジュアルレストラン「リベラ」の3つで、私達は「アッシュ・ドール」で食べた。

051017_2.jpg

↑前菜の前菜っていうような位置付けの「食前のお楽しみ」で、「ウズラの卵のポッシュシャンパン風味(左)」「キャビアのブランマンジェ(中央)」「アワビのリエット(右)」。左のはシャンパンゼリーがおいしい。中央のはふわふわメレンゲにキャビアが乗っかってるもの。右のは燻製っぽくてお酒が進む君♪って言っても飲んだのは最初のスパークリングワイン1杯だけで、後はペリエ(泣)。だってせっかくのフレンチなのに、全くワイン飲まないのはつらすぎる~!赤ちゃん許して~!

051017_3.jpg

↑前菜の「フォアグラカナールのテリーヌ ぶどうのジュレを添えて」。上の方の左側のはぶどうゼリーで、右のはぶどうのコンポート。なんかもうデザートみたいで甘い味だったけどおいしかった。

051017_4.jpg

↑スープの「牡蠣と菊芋のパルマンティエ トリュフの香り」。私は実は牡蠣はあんまり好きじゃないのだが、これは食べられた。菊芋がサクサクした歯触りでウマ~♪

051017_5.jpg

↑魚料理の「伊勢エビのココット焼き 季節の小野菜添え」。やっぱり伊勢志摩に来たら伊勢エビ食わんと。でも私はエビが大っ嫌い(^^; まぁこういう洋風ならなんとか頑張って食べられる。和風は完全アウト。

051017_6.jpg

↑肉料理の「牛フィレのロースト 赤ワインソース」。これはおいしかったな。お肉柔らか~い!松阪牛かどうかは知らん。

051017_7.jpg

↑デザートの「はしばみ風味のチョコレートのスープ仕立て はしばみのアイスクリーム」。はしばみとはヘーゼルナッツのことである。アイスは軽い感じで食べやすい。

ディナーはもう充分満足。確かに脂肪分は控えめで安心して食べられる感じ。上記の他にパンとコーヒーor紅茶が付く。パンは非常においしかった。サービスも非常に丁寧で、運んでくる度にいろいろと説明してくださる。
レストランの雰囲気もとても良く、リッチ感いっぱい。日曜の夜だったが意外とお客さんは多くて、大人のお客が多かった。
このディナーが付いて1泊2食1万5500円は安いと思う。

051017_8.jpg

↑さて、お次は朝食。洋風と和風のどちらかを選べる。このホテルの洋風朝食は名物メニューだそうで、山口料理長がスペイン・フランス・イタリアを旅して、自分が食べたいと思った朝食を再現したものだそうである。
とにかくフルーツが多い。写真手前右側は4種のフレッシュジュース。それぞれ2種類くらいのミックスジュース。日替わりで、この日はトマトといちご、チョコレートとミルク、あと何だったかな?手前左側はフルーツのコンポートとブランマンジェ、それから炭酸入りヨーグルト。このヨーグルトはシュワシュワドロッとした変わった舌触り。ってか、朝からブランマンジェなんてデザートが出る(^^;
向こう側は小さなフィンガーサイズのトーストと、ジャム3種にハーブバターやチーズ。

051017_9.jpg

↑卵料理。スクランブル、目玉焼き、ゆで卵のうちの3種類全部選べるが、私は2種にしておいた。とってもかわいいミニサイズ。

051017_10.jpg

↑焼きたてのパン。甘いディニッシュ系が多い。コーヒーや紅茶は最後に出た。私はカフェオレを頼んだが、コーヒーとミルクがそれぞれピッチャーに入って出てきて、自分で一緒に混ぜる方法。たっぷり飲めて嬉しい。

朝食はとてもおいしい。おいしいんだけど、いかんせん甘いものばっかで酒飲みの男性には辛いのではないか?ほとんどお菓子みたいなのばっかだし。
ジュース類もミックスしてあるからドロッとした舌触りで、しかも甘~い。トマトジュースにもいちごが入ってるし。フルーツもフレッシュではなくコンポートなので甘~い。朝食は確かに甘いものがほしいが、酸味もほしいのである。フルーツはフレッシュの方が味にバランスが出ていいと思う。ジュースも甘~い混ぜ混ぜじゃなくて、2種類くらいは酸っぱいフレッシュオレンジジュースやグレープフルーツジュース単品の方がいいと思う。
そんでもってパン類がこれまた甘いのばっかり。小さいトーストにまたまた甘いジャムを塗るんだから、こっちのパンはディニッシュだけじゃなくて普通の丸パンとかもほしい。夕食に出たような。クロワッサンもあったが、これもサンマルクカフェのチョコクロみたいなやつでこれまた甘い。「普通の甘くないパン」も入れるべきだ。甘いもの攻撃が続くので、卵料理の塩味がめちゃめちゃ美味しかった(笑)。
あと、コーヒー類が食後に出るのもなんかなぁ。確かにジュースが4種も出るから食事中はこれ飲んでればいいんだけど、甘いから甘い食べ物と合わさってバランスが悪い。ここにコーヒーや紅茶の苦みが来れば、もっとおいしく食べられると思う。
もし連泊しても、毎朝このメニューはきついなぁ。翌日は和朝食に決まりだな。一回だけならOK。確かにおいしいんだけど、甘いもの多すぎ。

このシェフは甘いもの大好きなのかな。南欧を旅しても甘いものが少なかったから、「甘いものが食いたいんじゃ!」とこのメニューを作ったのかな。そういえばディナーの前菜のぶどうのジュレも甘かったな。うちのダンナさんが「『水のフレンチ』じゃなくて『蜜のフレンチ』なんじゃないの?」と言っていたが、確かに言い得て妙(笑)。
ちなみに神戸北野ホテルも朝食メニューが売りらしいが、あっちはごく普通の朝食だった。神戸だといろいろ人目に付くから下手なこと出来ないけど、志摩みたいな田舎だったらそんなに分からないから、本性の激甘党の夢を実現したんだろうか。ビッグなバンドのメンバーが、バンドのアルバムでは手堅く行くけど、ソロアルバムだと趣味に走るみたいな(笑)。
ちなみにプライムリゾート賢島のサイトでは神戸北野ホテルのことを大々的に書いているが、北野ホテルのサイトではプライムリゾートのプの字も書いていない(笑)。

ディナーではそれほど思わなかったが、朝食でこのホテルの味は「恐ろしく甘い」というイメージになった(笑)。おいしいんだけどね。バランスが悪いのよ。もっと酸味と苦味と塩味を入れてくれ。

それから朝食のジャム類は北野ホテルのもので、ギフトショップでも売っていたのでお土産に買った。ここのジャムは今流行の「コンフィチュール」と呼ばれるグルメジャムってことらしい。こちらのネットショップでも買える。
スポンサーサイト
Comment
ハーシー・グルメチョコ?
こっちの輸入食品を扱ってるお店で買えるチョコ(つまり現地の普通のスーパーで売ってると思われるもの)でも、リンツとかヨーロッパ産のは普通の甘さですが、ハーシーはアメリカでもダメブランドと認識されてるんですか。
日本ではここんとこ「ショコラティエ」って呼ばれるグルメチョコブランドのお店がガンガン増えてますが、アメリカでもそうですか?
SFのお土産でギラデリチョコ買ったけど、あれって甘かったかな?忘れちゃった。
へええ
お月見泥棒って初めてききました。かわいいですね。
ハーシーはチョコレートと言えないんじゃないかと・・・^^; ワックスみたいで気持ち悪い・・・。最近、バークレーのチョコレート・メーカーやSFのジョセフ・シュミットを買収しているようです。やっぱり危機を感じてるのかな。
甘~い!(←というギャグが日本では微妙に流行ってます)
アメリカで食べた衝撃の甘さは、やっぱLAのHouse of Bluesのレストランのデザートですね。SFではそんなに感じなかったけど、あれは脳髄に突き刺さる甘さでした。
輸入チョコなんかも、ヨーロッパのはそんなに甘くない気がするけど、アメリカのはやっぱ甘いなぁ。ハーシーとか。

全然関係ないですが、今日はハロウィーンですね。名古屋に来て初めて知ったんですが、こっちの一部の地域でも「お月見泥棒」っていうハロウィーンみたいな風習があるらしいです。やるのは中秋の名月(9月)なんですけど、子供達が「Trick or Treat」みたいな感じでお菓子もらいに近所を廻るそうです。あと、お供えしてあるお団子をこっそり持っていったりとか。なんかかわいい風習♪
三重県の四日市が多いらしいですが、他に名古屋周辺部(中心部はないらしい)、関西の一部、千葉、茨城などでもあるらしいです。
甘いもの
Asakoさん、
いちようヘルシー系は多いけどデザートが甘すぎるのがどうもね。一口食べればもういいや、みたいな感じで。女友達はだいたいデザート狂なので私がおかしいのかな。私も朝食に甘いもの攻撃にあったらお父さんと同じことするかも(笑)。コーヒーにシュガーは必ずいれるんだけど(←ちょっと矛盾)では、また。
甘いものは好きだけど
Michikatさん:
ここの洋風朝食メニュー、おいしいけどこれしか選べないから連泊だと絶対飽きそう。これの他に普通のイングリッシュ・ブレックファストみたいなのもあればOKだけど。甘いもの攻撃で「おっきいソーセージ食いて~!」と思いました。お父さんだったら絶対「こんな菓子みたいなもん、朝っぱらから食えるかっ!」とテーブルひっくり返しそう(笑)。

私もこってりしたものは元々あんまり好きではないです。焼肉も嫌いじゃないけど、月一回くらいでいいな。サンフランシスコはヘルシー系多そうですね。
おいしそうですね
どうも。おいしそうな写真につられてつい書き込み。一泊二食つきでそのお値段は安いですね。私は朝食に甘いものが食べられないからこれはダメだな~。おいしそうだけど。ヘルシーなフレンチ、良いですね。年取ったせいか(笑)、最近お腹があまり濃いものとか受け付けなくなって外食では結構気をつけて選ばないとあとで大変なことに・・・(^^;)やっぱり日本食がいいなあ。ではまた。

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。