スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライムリゾート賢島-建物篇(伊勢志摩旅行 その3)

2005年10月16日
051016_20.jpg

今回の伊勢志摩旅行の宿は、志摩にあるプライムリゾート賢島icon(かしこじま)というリゾートホテル。二見から志摩までは海岸沿いの道を通ったが、ものすごくうねうねしていて結構時間がかかった。帰りは内陸の道から戻ったが、こっちの方が早い。

プライムリゾート賢島は都ホテル系列のホテルで、南欧風(具体的にはスペイン風)のイメージで作られた非常に素敵な所だった。リアス式海岸の英虞湾を望む賢島周辺は企業の保養所も多くて、伊勢志摩でも一番リゾートムードが強い所だ。
このホテルは会員制もあるが、もちろん私達はビジターで。平日(私達は日曜泊なので平日料金)1泊2食付きのスタンダードプランは一人1万6千円だが、今回は「秋期特別宿泊プラン」を選んだので1万5千500円也(ホテルのサイトから予約)。夕食のコース料理と朝の特別メニューが付いてこの値段は結構安いのでは。普通ホテルだと宿泊だけでこのくらいするし。
上の写真はプールサイドからホテルの建物を撮った所。

051016_21.jpg

↑このホテルは通常のツインルームとメゾネットタイプのヴィラがあって、これはヴィラ棟。2ベッドルームなので家族旅行などグループにはいいのでは。

051016_22.jpg

↑正面玄関。

051016_23.jpg

↑プールからヴィラ棟へ続く階段。

051016_24.jpg

↑フロント前ロビーラウンジ。とっても広々してて開放感いっぱい。英虞湾はすぐ目の前。

051016_25.jpg

↑こちらもロビーラウンジ。

051016_26.jpg

↑ロビーラウンジ外のテラスからプールと英虞湾を望む。ちょうど日没時で素敵~♪

051016_27.jpg

ロビーの窓にある装飾。スペイン風の様式であります。

051016_28.jpg

↑館内の階段。

051016_29.jpg

↑中庭。噴水があって、ウェディング時には中央の「水上ヴァージンロード」を通るらしい。

051016_30.jpg

↑私達の宿泊した「スパニッシュツイン」。40㎡でかなり広い。やっぱリゾートホテルは開放感がなくっちゃね~。窓の外にはテラスがあって、椅子とテーブル付き。英虞湾の夕日独り占め~♪
なお、トイレとバスは別々だった。これって珍しくないかな?トイレも結構広いので悠々用を足せます(笑)。

室内には有線が引いてあって、インディーズチャンネルとかもあってなかなか楽しめた。一番良かったのはイギリスのVirgin Radioかな。こんな所でCureを聴けるとは思わなかった(笑)。
バスルームのアメニティは普通。シャンプー類はディスペンサーから出す形式で、ミニチュアのセットではない。バスローブはなし。パジャマではなく浴衣があった。
湯沸かしポットあり。お茶(煎茶と番茶)は無料。ドリップコーヒーは250円。冷蔵庫に入ってるジュース類は自販機並みの料金で良心的。ジュースをはめ込むタイプではないので、自分で買ってきたものも入れられる。
室内は「ゴージャス!」という感じではないが、明るくリゾートムードいっぱいで快適。とにかく広々してるのがいい。

ホテルの施設は、レストラン3つにバーとコーヒーラウンジ、大浴場、フィットネスルーム、プール(夏季のみ)、テニスコート、シアタールーム、プレイルーム(要するに麻雀室)、バンケットルーム、ギフトショップなど。(あと、すぐ近くにゴルフコースあり)
それから「Ocean Breeze」というスパがあって、高級エステを受けられる。もっとゆっくり時間をかけて泊まったら、スパを利用してもいいかな~。今回はなし。

ホテルの建物はとっても素敵で、外国のリゾートに来たよう。従業員の応対も丁寧。
あと、夜食用の自販機が結構充実してたのが意外な高得点(笑)。冷凍のたこ焼きとかカップラーメン、アイスクリームなど。ダンナさんは夕食でお腹いっぱいだったのに、これが使いたくておにぎりとどん兵衛を買っていた(^^;

大浴場は利用しなかったが、館内は浴衣ではうろうろしてはいけないので温泉旅館のような感じで「浴衣でひとっ風呂」とはいかない。サウナもあるらしい。

ということで、南欧風の素敵な休日を過ごすには文句なく良いホテルだと思う。設備から考えても比較的リーズナブルだし。
あと、ペットと泊まれる部屋も最近出来た模様。

プライムリゾート賢島icon
三重県志摩市阿児町鵜方 Map
Tel. 0599-43-7222(予約) 0599-43-7211 (代表)
近鉄 賢島駅からシャトルバス10分

★食事についてはこちらの記事参照
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
リアス式海岸として有名であり、真珠養殖も盛んで奈良時代からアコヤガイ|阿古屋貝から採れる真珠を出荷していた。近年、阿古屋貝真珠の養殖技術が確立されると、真珠養殖発祥の地としても知られ、昭和初期には「真珠湾」とも呼ばれた。アオノリ|青のりの養殖が盛んであるた
英虞湾(あごわん)は、三重県志摩半島南部の湾。概要リアス式海岸として有名であり、真珠養殖も盛んで奈良時代からアコヤガイ|阿古屋貝から採れる真珠を出荷していた。近年、阿古屋貝真珠の養殖技術が確立されると、真珠養殖発祥の地としても知られ、昭和初期には「真珠湾

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。