スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母親教室

2005年10月12日
通ってる病院でやってる母親教室に行って来た。先週と今週の2回講座。産婦人科の医師や栄養士などが妊娠中の生活の注意点などについていろいろとお役立ち情報を教えてくれる講座である。もちろん無料。大体妊娠5、6ヶ月くらいの人で10人弱の出席だった。

先週は私の担当医の先生が、貧血や妊娠中毒症などの気を付けなければいけない症状についての解説をしてくれたのだが、なぜこういう症状がいけないのか、ということをシステマチックに分かりやすく説明してくれて、意外と目から鱗だった。結構怖い症状だったんだ。妊婦本なんかでは「胎児に悪い影響があるからいけない」っていうような漠然とした説明しか載ってなかったし。とにかくこの説明で、鉄分をしっかり摂って、塩分に気を付けようと誓ったのであった。
今日は胎児がおなかの中でどういう風に過ごしているのか、というビデオを使ったりしての解説があった。赤ちゃん自身の垢とかその他いろいろで羊水はだんだん汚れてくる。そうすると赤ちゃんは羊水をゴクゴク飲んで、腸で不純物を吸収し、腎臓で濾過して、きれいなおしっこにして子宮内に放出して羊水を清潔に保っているそうだ。この自己浄化装置システムにはちょっと驚いた。自然っていうのは本当によく出来てるなぁ。

あと、今日は妊娠中の食事についての説明があって、具体的に鉄分や塩分はこの食品にこれぐらい含まれているから、一日これくらい摂りましょう、というような献立指導があった。んで、おすすめ献立として栄養士さんが作ったさつまいものきんぴらと豆乳プリンの試食があった。一人ずつ配ってくれて席で食べるのだが、なかなかおいしかった。なんかちょっと得した気分(笑)。お昼まだ食べてなかったし。

ほとんどの解説は病院のスタッフがするのだが、ミルク関係とかはしっかりとミルク会社が食い込んでいた。出席者一人一人に自社製品の妊婦用栄養ドリンクを配っていたが、あれだけ鉄分やカルシウムをしっかり摂れ、と言われた後だと、こういうのが手軽に摂れるドリンクはやっぱり買っちゃいそうだよな~。
実際、母親教室後は努めて鉄分を多く摂るように強化メニューを作っているのだが、これが結構大変。ほうれん草や高野豆腐やひじきを頑張って食べてるけど、なかなか一日の必要量に達しない。思わず栄養ドリンクに頼りたくなる。ああいう場に食い込めば、宣伝効果は結構あるだろうなぁ。
まぁサプリメントとかを飲むっていう手もあるけど、こういうのってどうなんだろう?私は元々サプリに頼り切ってやたらといろんなのを飲んでる人には半ば軽蔑的な視線を送ってきたが、そういう人に限って食事はお粗末。母子手帳を保健所に取りに行った時、保健婦さんにもあんまりサプリは摂らない方がいいって言われたしなぁ。サリドマイドも当時は妊婦にいいサプリ、ってことで販売されてたそうで、いつ危険性が指摘されるか分からないから、って事らしい。

私ももう6ヶ月に入ったので、結構おなかが目立ってきた。妊婦帯というものも着け始めたが、これって一日中してなきゃいけないの?苦しいんだけど。一応1個買ったけど、洗い替え用が足りないので急遽ヤフオクで落とした。最近、結構いろいろとマタニティ関係をヤフオクで落としている。マタニティパジャマも落としたし、ベビーカーやベビーベッドも落とした。ベビーベッドは送料が5000円近くて凹んだが(^^;
ベビーカーはA型(新生児が乗るやつ)はヤフオクので我慢して、7ヶ月になったらもっとかっこいい軽いタイプを新品で買うぞ~。輸入物がデザインがかっこよくていいな。

いろいろと物入りだから、なるべく出費は抑えなくちゃ。出産費用も40万前後かかるらしいが、とにかく痛いのが毎回の定期検診費。出産は病気じゃないから保険が利かないので、毎回7千円くらいかかるんだわ!この間なんかカードで払っちゃったよ。この病院、高いのかな。でもマル高だし、新生児のICUがある総合病院だからやっぱここじゃないとな。
ってか、少子化なんだからもっと国が援助してくれ~!一応健康保険からは出産一時金として30万が出るらしいが、診察料に保険利かせろ!

なんかこのブログも妊娠ブログみたいになってきたな(^^; まぁでも妊娠して初めて知ったことはものすごくあったし、世界を見る目がかなり変わったことは事実。芸能人が子供を産むと、ほぼ確実に出産体験記を出版するのはよく分かる気がする(笑)。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。