スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋市市政資料館(白壁周辺レトロ建築探訪-その3)

2005年10月02日
050930_15.jpg

白壁エリアのレトロ建築散策は、この名古屋市市政資料館でシメだ。赤煉瓦と白い花崗岩の組み合わせが目に鮮やかな、壮麗なネオバロック様式の建築だ。
この建築物は大正11年(1922年)に名古屋控訴院・地方裁判所・区裁判所庁舎として建設され、昭和54年(1979年)まで中部地方の司法の中心として実際に使われてきた。昭和59年(1984年)には国の重要文化財に指定され、平成元年(1989年)からは名古屋市市政資料館として名古屋市の公文書夜業製資料などの収集・保存・公開をしている。
やはり司法を司る建築物ということで、厳かで威圧感のある、男性的な雰囲気だ。非常に大きく、敷地内には緑も多くちょっとした公園という感じ。
ここは入場無料で、展示室以外は自由に写真を撮っていいようなので、中央階段の豪華な大広間をいろいろ撮ってきた。

050930_16.jpg

↑中央階段。舞踏会での「○○国の姫君のお成り~」とかいうシーンにぴったりな感じ。

050930_17.jpg

↑中央階段から天井部分にかけて。

050930_18.jpg

↑天井のステンドグラス。抑えた色遣いが美しい。

050930_19.jpg

↑階段の突き当たり部分にあるステンドグラス。下の方の薄紅色がグラデーションになっていて非常に美しい。

050930_20.jpg

↑手すり部分の装飾。この建物はいろいろな所でこの意匠が使われていた。

また、明治憲法下の法廷や会議室の復元の展示もある。一般にも展示室を貸し出しているが、こういう優雅な雰囲気の展示室での作品展示というのはなかなかいい感じ。

この市政資料館は名古屋市役所や愛知県庁(こちらの記事参照)からも近いので、一緒に見て回るとさらにレトロ気分も盛り上がる。名古屋城も比較的近い。

■名古屋市市政資料館
名古屋市東区白壁1丁目3番地 Map
Tel. 052-953-0051
開館時間:9:00-17:00
休館日:毎週月曜・第3木曜
入場料:無料
地下鉄名城線 市役所駅から東へ徒歩8分
名鉄瀬戸線 東大手駅から南へ徒歩5分
市バス「市政資料館南」下車、北へ徒歩5分
市バス「清水口」下車、南西へ徒歩8分
市バス「市役所」下車、東へ徒歩8分
http://www.city-archives.city.nagoya.jp/

★関連記事:
文化のみち二葉館-旧川上貞奴邸(白壁周辺レトロ建築探訪-その1)
白壁周辺レトロ建築探訪-その2
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。