スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白壁周辺レトロ建築探訪-その2

2005年10月01日
白壁の旧川上貞奴邸(こちらの記事参照)の周辺には、他にもいくつか古い建物が残っている。

050930_10.jpg

↑旧豊田佐助邸(名古屋市東区主税町三丁目8)
築年:大正12年(1923)
自動織機を発明した豊田佐吉(トヨタ自動車の出発点)の弟、佐助が住んでいた屋敷。洋館と日本家屋から成る。水・木・金のみ公開。

050930_11.jpg

↑故春田鉄次郎邸(名古屋市東区主税町三丁目8)
築年:大正14年(1925)
旧豊田佐助邸の隣にある、洋風の数寄屋造りのようなスタイル。一部創作フレンチレストラン「デュボネ」(高いらしい)としても営業している。一般公開は水・木・土。

050930_12.jpg

↑カトリック主税町教会(名古屋市東区主税町三丁目33)
築年:礼拝堂:明治37年(1904)/司祭館:昭和5年(1930)
名古屋・岐阜地方に初めてカトリックの教えを広めた井上秀斎がテュルパン神父と共に造った教会で、名古屋・岐阜地方のカトリック教伝道の歴史の上で非常に重要な意味を持っているそうだ。幼稚園も併設している。

050930_13.jpg

↑井元邸(橦木倶楽部)*築年・住所不明。旧川上貞奴邸から徒歩3分と近い。
陶磁器商であった井元為三郎氏の旧邸で、現当主の好意により、市民団体によって管理されている。白壁周辺のネットワーク作りの拠点となっているようだ。一般公開は土曜。

050930_14.jpg

↑愛知県会議員会館
大正年間に名古屋市長も務めた、旧大喜多虎之助邸として建てられた建物らしい。現在は議員会館として使われているようだが、ネットで探してもあまり情報を得ることが出来ず。この辺をうろうろしてたら見付けた。

もっとくまなく歩くと、他にもいろいろ古い建物が見付かるかも知れない。あと、所々に古い長屋もあった。しっとりとしたいい雰囲気の住宅地であった。

★関連記事:
文化のみち二葉館-旧川上貞奴邸(白壁周辺レトロ建築探訪-その1)
名古屋市市政資料館(白壁周辺レトロ建築探訪-その3)
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示
Trackback
豊田佐吉豊田 佐吉(とよだ さきち、1867年3月19日(慶応3年2月14日 (旧暦)|2月14日) - 1930年(昭和5年)10月30日)は、豊田自動織機の創業者。遠江国山口村(現・静岡県湖西市)出身。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotatio

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。