スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

An Evening With...Siouxsie @B.B.King Blues Club & Grill/2日目

2004年09月06日
NY最後の夜はまたSiouxsieだ。どうせ始まるのは遅いんだろうと思って8時半頃B.B.Kingに行ったら、ちょうど始まった所で危なかった。今日はカメラチェックがあったが、バッグの分かりにくい所に入れていたので見つからなかった。カメラを起動させたらセキュリティに見つかり、仕方なく引っ込める。

昨日と衣装は同じだが、演奏曲が全然違う。初めが"Hai!"の曲というのは同じだが、Bansheesの曲は毎回変えているようだ。今日は"Christeen"はなくて、"Kiss Them for Me"や"Kiss the Girl""Prettiest Thing"をやった。NY前には西海岸を廻っていたようだが、これだけ選曲を変えるからには相当リハをやったんだろう。

Siouxsieは「昨日も来た人~?」と観客に聞き、「今日は早いでしょう?昨日はボーイズがモタモタしてたのよ」とか言ってた。Siouxsieは話す時やたらfuckin'を連発する。言葉遣いは悪い(笑)。コーラス嬢はロシア人とインド人だそうだ。
今日は昨日よりも前の方で見たが、近くで見るとSiouxsieは富士真奈美に似ていた(^^; 髪をひっつめてるからかな。羽織ってるキモノドレスを脱ぐとホルターネックになるが、Siouxsieは何か体格がいいっていうか、たくましいな。かなりの暴力女らしいが、実際強そう(笑)。本人も意識してるのか、よく腕に筋肉をモリッと出すポーズをする。

今日もまたアンコールを3回やったが、これは実はアンコールじゃなくてただの休憩なんじゃないかと思った(笑)。ラストでは「この曲は随分やってなかったんだけど」と言って"Arabian Knights"をやった。
Bansheesの曲はリズミックだからライブだと映えるが、Creaturesの曲はわりとズンドコズンドコドロドロドロという調子だから多くやると単調になりがちかな。Creaturesオンリーのライブは結構きついかも。Banshees:Creatures=3:1くらいの割合だとちょうどいい感じ。
終わりの方になると結構写真を撮ってる人がいたので、私もこっそり撮っちゃった。

090604_1.jpg

↑富士真奈美さん

昨日まで3日間Knitting FactoryでDrop Dead Festivalというゴスイベントをやってたので(AusgangとSkeltal Familyがまだやってたのに驚く)、今日はそこに行ってた人が増えたのかちょっと派手な現役ゴスが増えた。Siouxsieは明日までここでやる。
帰りにダンナさんがツアーTシャツとマグカップ購入。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。