スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グッゲンハイム美術館(NY)

2004年09月03日
090304_1.jpg今日からミッドタウンのホテルなのでチェックアウトして移動。新しいホテルに着いてからちょっとダンナさんとは別行動タイムということで、私はグッゲンハイム美術館に行く。

グッゲンハイムは建物が特徴的だし、ホイットニーよりもかなり観光客が多い。いつも思うのだが、自国では別に美術館もミュージカルも行かないのに、なんで海外旅行だとみんな突然行くのだろう。私はミュージカルには全然興味がないので、ブロードウェイはホテルのすぐそこだが全く見なかった(笑)。

いくつか企画展があったが、一番私が感激したのは"Speaking With Hands"というタイトルの、手をテーマにした写真展だ。シンディ・シャーマン、ギルバート&ジョージ、アンセル・アダムズ、ダイアン・アーバス、ロバート・キャパ、エドワード・ウェストンなどの著名な写真家の作品がたくさん並ぶ。
なかでも一番素晴らしかったのは、アルフレッド・スティーグリッツが妻のジョージア・オキーフの手を撮った写真だ。二つの手が優美な曲線のラインを型作り、とてもエレガントだ。オキーフは晩年の写真での顔しか知らなかったから、こんな美しい手をしていたとはちょっと驚いた。昨日オキーフの絵を見たばかりだが、お互いに才能溢れる夫婦っていいなぁ。憧れちゃう♪
それからSally Mannの"Last Light"という写真。少女の最期の脈を父の手が取っているかのようだ。少女の表情が心を打つ。

あとロトチェンコやリシツキーなどのロシアアヴァンギャルドの写真もいくつかあった。
それから有名人の手を撮ったものも。コクトーの手は恐ろしいほど繊細だ。元祖スーパーモデルのイネスはとてもほっそり。ビアズリーは指がとんでもなく長くて極めて神経質そう。逆にウォーホールは意外と指先が丸っこくて、この人は実は結構雑な所のある人だったんじゃないかと思った。
たくさんの手の写真を見て、「手は口ほどにものを言う」としみじみ思った。驚くほど表情を持っている器官だ。たっぷり素晴らしい作品を見られて大満足の写真展だった。

グッゲンハイムでは他にもいろいろ企画展があった。
まず現代彫刻のパイオニア、ブランクーシの数々の作品を集めた展示。やはり”Bird in Space”が一番素晴らしい。これだけで鳥だと思わせる表現力はすごい。ギリギリまで削ぎ落として、イメージを徹底的に凝縮させた感じだ。

それからパーマネント・コレクションからのハイライト展。モンドリアンから始まるミニマリズムに焦点を当てたものだ。ここはカンディンスキーの世界一のコレクションを持っているので、彼の絵が好きな私は期待してたのだが、それほど多くは展示してなかったのでちょっと残念。でも間近で見る代表作はやっぱりいい。小学校の図工の教科書に「非常に音楽的」と説明があったのをよく覚えているが、ほんとにそんな感じ。軽やかな色遣いが心をウキウキさせる。

あとゴッホとかモネとか。この辺は好きじゃないので飛ばす。
しかしこの美術館は見るのがとても疲れる。フランク・ロイド・ライトの建築は見た目はとても素晴らしいが、かたつむりみたいな渦巻きをずっと歩いて上って行かなきゃならない(ってか、エレベーターで一番上まで上って、あとは下りて見ていけばいいのかも)。この間に絵が展示してあるのだが、まとまった企画展は端にある小振りのギャラリーで開催されている。しかし"Speaking With Hands"の様な展示数の多いものはいくつかのギャラリーに分かれ、その合間の通路に全然違う企画展の作品があったりするから印象が非常に散漫になってしまう。もっと大きな部屋でまとめて見たい。
しかし企画展の水準はやはり超一級だ。こんなのを入れ替わり見られるニューヨーカーはほんとにいいなぁ。

ミュージアムカフェで休憩。暑い日だったのでアイスカプチーノを注文するが、カプチーノはホットしかメニューにないみたいだったが作ってくれた。しかしカフェのお姉さんは初めて作ったらしく非常にぬるい(^^; でも頑張って作ってくれたので感謝。
ミュージアムショップでマレーヴィチのマグネットなんてレアなのがあったので即ゲット。昨日のホイットニーでモビールがほしくなったので、おしゃれなのを買う。これ、日本だとえらい高いのだ。あと母が最近ロスコーが好きらしいのでポスターと画集をお土産に買う。

ニューヨークはやっぱり世界のアートの中心だ、ということをひしひしと感じた。セントラルパークの近くに住んで、散歩がてらグッゲンハイムやホイットニーに行くような生活っていいなぁ。今は名古屋に引っ込んでるから、余計こういう生活が贅沢に感じる。ニューヨーカーがほんとにうらやましい。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。