スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Trans Am@Knitting Factory, NY

2004年09月02日
昼間は自然史博物館とホイットニー美術館に行くというハードスケジュールだったが(こちらこちらの記事参照)、夜はライブだ!
アッパーウエストでマレーシア料理を食べて、タクシーでトライベッカのKnitting FactoryまでTrans Amを見に行く。KFは有名だからもっと大きいのかと思ったら、300人も入ったら酸欠の小さな所だった。

8時オープンだが、余裕をかまして9時半頃着いた。もうバンド始まっちゃったかな?と思ったら、入ってしばらくしてからバンドの演奏が始まった。もう2番目くらいかな?つーか今日は平日だしもうTrans Am?何しろこういうバンドはアルバムに自分たちの写真を出さないから、メンバーの顔が分からない(^^; TAは3人組だが、このバンドは4人だしアジア系がいるからTAではないと思う(笑)。
結局これが最初のバンドで、Good Morningというらしい。演奏はすっごく上手くて、TAやSonic Youth辺りの流れの音で結構かっこいい。しかし、ファッションが恐ろしくダサい。イケてない理系の大学生みたいだ。これを何とかしないとメジャーディールは無理(笑)。

次のバンドはOneidaというブルックリン産の3人組。かなり歓声があって結構人気あるらしい。このバンド、音が誰とも似ていない、相当ユニークなタイプ。構成はVo/オルガン、ギター、ドラムで、このドラムがずっとテンション高く叩きっぱなし。よく体力が持つな。このバンドは痙攣したようなリズムが特徴で、アグレッシブなオルガン(これはなかなかレア)とセンスのいいギターの突然変異的異端児って感じでかなり良かった。あとでCD見付けたら買おうかと思う。要チェックだ。

その後DevoのPV集がスクリーンで流れる。これ、ほっし~い!そしてやっとTrans Am。他のバンドが出る度に「これTA?」とか言ってたが、一目見ただけでやっぱ全然違う。超A級バンドのオーラを出しまくってました。メンバーはオレンジの上下を着ていたが、これってさっきのDevoからの流れか(笑)。
もうね、ほんと上手いの。圧倒的な演奏力。タイトで硬質な音はめちゃめちゃかっこいい。アルバムよりもずっとロック色が強くて、グイグイ引き込んでいくパフォーマンスはさすが。途中でキーボードも演奏したりしてたが、確かにさっきのDevoにちょっと通じる所があるかも知れない。
演奏時間は短めだったが、ほんとにいいライブだった。鍛え上げられた演奏力のすごさを見せつけられた感じだった。

平日なのに終わったのは深夜1時・・・。タクシーでホテルに帰り、疲れ切って寝る。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。