スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スクール・オブ・ロック」

2004年05月17日
ダンナさんがやたら早く帰ってきたので、夕方から前から見たいと思っていた映画
「スクール・オブ・ロック」を近所のシネマコンプレックスまで見に行った。
よく考えたらシネコンで映画見るのって初めてだ。東京では大抵新宿か渋谷だったし。確かにきれいだし10スクリーンというのはいろいろ選べていい。こういうのがすぐ近所にあるのはやっぱ便利だ。と言っても私は単館系の映画の方が見ることが多いので、こういうメジャー系ばっかやってる劇場だとそれほど見る機会もないかな。

さて映画だが、売れないロックミュージシャンのデューイ(ジャック・ブラック)は臨時教員をしている友達のネッド(マイク・ホワイト 脚本も担当)の所に居候しているが、家賃滞納でネッドの彼女に最後通牒を突きつけられる。
おまけに自分が結成したバンドからもクビにされる。
そんな時ネッドに臨時教員の依頼があり、デューイは彼になりすましてまんまと名門私立小学校の教師に。
しかし教えることが何もない彼は、生徒達の並はずれたクラシックの演奏力に目を付け、ロックバンドを結成させてロックコンテストの賞金を狙う。
初めはロックに触れたこともなかった優等生の生徒達だったが、次第にロックの魅力にはまっていき・・・

というストーリーで、実際かなり王道エンターテイメント映画だ。
ロック版「がんばれベアーズ」(古っ)みたいなもんだが、デューイの動機が不純なのが今っぽい所か。
このデューイ先生がやたら熱くてうっとうしいんだけど、子供達はクールで淡々としてるんでまぁいいか(笑)。子供達はなかなかいい感じ。ドラムの男の子がかわいい♪
堅物女性校長のジョーン・キューザックがチャーミング。
子供達の演奏力は大したもので、なんとあのジム・オルークがトレーニングしたらしい。

音楽満載でとても楽しめるのだが、ZepとかWhoとかクラシック・ロックばっかなのがいまいち。子供達に宿題としてロックの名盤を渡したりするのだが、これもYesとかRushとかジミヘンとか。
彼は反骨精神を常に主張するのだが、こういうバンドは既に彼の言う「The Man(大物)」だ。これらが素晴らしいのは当然だが、反骨性だったらもっとその後のインディーズ系だっていいのでは。例えばUSハードコアとか。
70年代で止まってるのは納得いかん。

ロックの歴史の講義もするのだが、黒板の「PUNK」の分類でPistlesとClashはあってもやはりDamnedはなかった(^^;
なぜかBansheesはちゃんと入ってるのに~(笑)。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。