スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリエンタルカレー

2005年08月09日
オリエンタルカレー名古屋でカレーと言ったらオリエンタルカレーである(Coco壱番屋も名古屋の会社だけど、家庭で食べる方で)。この会社、名古屋に引っ越して来るまで全然知らなかったが、ある一定以上の世代の人には意外と全国的に知られているらしい。と言うのも、1960年代に全国区でCMを流していて、「ハヤシもあるでよ~」という名古屋弁のコメントで印象が強かったらしい。

オリエンタルは日本の家庭にインスタントのカレールーを普及させた功労者なのである。戦前から手軽な洋風料理として徐々に家庭にも浸透しつつあったカレーだが、当時はカレー粉と小麦粉を炒めて作る、手間のかかる方法だった。そこに目を付けて、終戦直後の昭和20年11月、オリエンタルは炒めた小麦粉にカレー粉を加えた「オリエンタル即席カレー」を愛知県で発売。非常に好評を博したので全国的に売り出した結果、瞬く間に大ヒット商品に。

さて、一時は全国的に名の知られたオリエンタルだが、飲料部門などに多角的展開を進めた結果、これが振るわずカレー部門にも影響。徐々に全国展開から退いていったので、一般的にはオリエンタルは忘れ去られていった。しかしどっこい、しぶとく名古屋エリアでは生き抜いていたのであった。
平成になってしばらく経つと、遠くなった「昭和」が新鮮なイメージでとらえられるようになってきた。オリエンタルも3代目社長の代になると、多角化路線を改め、原点である「カレー」に立ち戻る方向に変わる。高度成長期の庶民の食を支えたと言っても過言ではないオリエンタルカレーが、「昭和レトロ」フードとして再び受け入れられる土壌は出来つつあった。最近では直営のカレーレストランを運営したり(香港や台湾にも進出)、お台場に直営ショップを出したりと好調なようである。

オリエンタルの即席カレーは粉末状だが、昭和40年代後半になると現在の主流である固形タイプのルーに市場はシフトしていった。しかし、オリエンタルはあくまでも粉末状にこだわり続け(固形にするには融点の高い油脂を使うが、これが健康上問題になった時期があったので、当時から添加物を出来るだけ排した製造法にこだわった)、現在も当時と同じスタイルで売っている。パッケージも昭和20年のものとほとんど変わらない(上の写真)。シンプルなアルミパックで、レトロなデザインがかえっていい雰囲気。白抜きの黒人少年コックさんのキャラクター(「オリエンタル坊や」というらしい)が昔懐かし風。

オリエンタルの現在の主力商品はレトルトになっているらしいが、あんまり普通のスーパーでは見ない気がする。しかし、この昔ながらの粉末状のルーの方は、名古屋のスーパーならほぼどこでも扱っている。しかも約100円というぶっちぎりなお値段が素敵♪確かに名古屋的な「お値打ち」価格。
で、私も名古屋に来てから物珍しくてこのルーを買ってみたのだが、これが何だか知らないけどおいしいんだわ。途中全国区のメーカーのに替えてみたが、やっぱオリエンタルの方がおいしいので以来うちのカレーはずっとこれ。固形じゃないから脂肪分が少ないしヘルシーよ♪あの固形にする油脂がおいしくないのかな。もちろん私が作る時はこのルーだけじゃなくて、トマト缶とかガラムマサラとかカルダモンとかウスターソースとかいろいろ隠し味を入れるのだが、やはり他のルーの時よりもずっとおいしい。なんかとてもバランスの取れた味になるのであった。しかも安いし。
また、フレーク状なのでカレーチャーハンとかにも応用が利くのもGOOD。

オリエンタルではいろいろな商品が出ていて(当然「ハヤシもあるでよ~」)、最近では「名古屋どてめし(ホルモンを八丁味噌で煮てご飯にかけたもの)」とか「あんかけスパゲティトマトソース」とか、名古屋フードも出している。

去年東京に帰った時、高校の友達へのお土産として「名古屋ローカル食セット」をあげたのだが、「ヨコイのソース」や「宮きしめん」、「スガキヤラーメン」などと一緒にこのオリエンタルのカレールーも入れた。こういう普通のスーパーで売ってるものって他の地域じゃ手に入らないし、定番の「ういろう」や「ゆかり」よりも面白いんじゃないかと思って。(ちなみに友達はヨコイのソースの出来上がり写真に「こんなまずそうな出来上がり写真って初めて見た」と退いていた・・・(^^;確かにあんかけスパゲティはあまりおいしそうには見えない)

つわりで全然ものがおいしく食べられない今日この頃だが、カレーみたいなスパイシーなものは食が進む。ってか、ほとんど一日おきにカレー食ってるわ(笑)。んで、当然オリエンタルカレーのルーは大活躍なのであった。
もし名古屋に来たら、スーパーでこれをお土産として買っていくのをおすすめ。安いしおいしいから。オリエンタルのオンラインショップでも買えます。

■株式会社オリエンタル
http://www.oriental-curry.co.jp/
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。