スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑中お見舞い申し上げます

2005年07月27日
暑中お見舞い

親戚のおじさんから暑中見舞いのハガキが来たので、返事のハガキを作成。年賀状とか暑中見舞いとか、こういう親戚への季節ものハガキというのはすっかり出さなくなって、ここ数年は返事が来たら出すという不届き者になっているのであった。メールの方が便利なんだも~ん。親戚は化石なのでメールアドレス持ってる人は少ないし。

で、せっかく作ったので、ついでにここにもその写真をアップ!この写真は去年ラグーナ蒲郡に行った時に撮ったもので、帰り際にマリーナで(その時の記事はこちら)。暑い毎日、爽やかな海の風景をお贈りします♪ってこれって11月に撮ったんだけど(^^;

しかしこのおじさん(中野に住んでるので「中野のおじさん」と呼んでいる)、筆まめでいろいろとハガキを送ってきてくれるのだが、昔はまともだったのに最近はどうも変だ。頭おかしい。今回くれたハガキの文面も(印刷してあるのでたくさんの人に送っているのだろう)、「『恥の文化』は今何処」とか、「靖国参拝をやめたら共産党の思う壺だ」とか、「戦後世界一古臭い憲法を錦の御旗に左傾化昼行灯教育を受けた中高年有識層が何百万の餓死者を出し乍ら核を造り他国民を拉致し外交カードにする凶暴な国にも会話を信ずる能天気に江沢民につけこまれ反日運動が熾烈になった」とか、最後のやつはもう訳分からん。どこで切って読んだらいいんだ(汗)。
81歳になったらしいが、ボケたのか元々こういうキ●ガイ右翼だったのか。年は取りたくないもんであ~る。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。