スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Acid Mothers Temple & The Cosmic Inferno/あふりらんぽ@今池TOKUZO(あふりらんぽ編)

2005年05月31日
あふりらんぽ

Acid Mothers Temple編に続いて、あふりらんぽのライブレポ。
あふりらんぽは大阪出身の注目株。ONI(G/Vo)とPIKA(Ds/Vo)の女性二人組で、先頃"Urusa in Japan"がメジャーリリースされたばかり。各音楽雑誌にもガンガン載っている。この夏のフジロックにも出演決定という、勢いに乗ってるバンドだ。
彼女たちは海外ツアーも精力的にこなしているそうで、Sonic Youthのサポート経験もあるそうだ。

AMTのステージが終わると、ONIとPIKAがノーメイクのフツーの格好でセッティングを始めた。アルバムや雑誌掲載の写真ではド派手なメイクだったので、「え~、こんなカッコでライブなの?!」とちょっとがっかりしたが、サウンドチェックを済ませて袖に引っ込み、再びステージ戻ってきたときにはしっかりと戦闘スタイルになっていた。赤をイメージカラーにしているようで、二人とも赤い派手な衣装に、赤いラメのアイシャドウでバッチリ。

彼女たちの音楽は自称「すっぽんぽんロック」ということで、アルバムではノイジーでちょっとアヴァンギャルドなガールズロックだったが、ライブではもしかしたらエキセントリックなギャルバンにありがちな変な演出があるのではないかと危惧していた。
が、そんな心配は全くの杞憂だった。意外なほど直球勝負で、MCもそっけない。私は馴れ合いのMCをダラダラ垂れ流すバンドは嫌いなので、非常に好感を持った。ライブでは軽い挨拶と次回ライブやリリース告知くらいでいい。
しかも、二人だけのギターとドラムのみでの演奏だったことにちょっと驚いた。ライブではサポートメンバーがいるのかと思ってたけど、White Stripesみたいなスタイルだ。

彼女たちの演奏は、アルバムよりもライブの方が圧倒的にいい。音源ではヘタウマ系みたいな感じもしたけど、ライブではかなり上手いのにもちょっと驚いた。ライブで鍛え抜かれたという感じ。特にPIKAのドラミングは「おおっ?!」と思わせる技術だ。
ヴォーカルは二人で取るが、「歌う」というよりもかけ声みたいなものだ。ハイテンションで激しくノイズを叩き出し、独特のあふりらんぽワールドに引きずり込む。
とにかく、演奏するのが楽しくて仕方ないという感じで、最初から最後までハイボルテージで突っ走った。観る者を引きつけずにはおかない、エネルギーに溢れた演奏だった。まさにこれから上り調子のバンドならではの輝きとオーラが感じられた。

あふりらんぽ

↑左がPIKA、右がONI。

ONI

↑ONI。

PIKA

↑PIKA。

あふりらんぽ

↑途中、さっきのAMTの時にも出てきたゾンビダンスの人と全裸の女性が乱入。

あふりらんぽ

↑二人とも太股むき出しの衣装で、妙になまめかしい。

あふりらんぽ&AMT

↑最後にAMTのメンバーもステージに出てきて、一緒にアカペラで歌う。既に10時を過ぎていて、TOKUZOは10時で終了なので楽器が使えないからということだそうだ。あふりらんぽとAMTの仲の良さが随所に感じられた。

若いバンドならではの「元気いっぱい」というのだけにとどまらず、演奏自体にはストイックな姿勢も感じられて、とてもいいライブだった。これから大きくなるのが容易に予想され、非常に将来が楽しみだ。
12月10日にはまたこのTOKUZOでAMTとRuinsと一緒にやるそうなので、必ず見に行こうと思う。フジロック後だし期待してるぞ~。

なお、"Urusa in Japan"をリリースしたばかりなのに、もう海外で新作"Kore Ga Mayaku Da"を出すそうだ(こちらのブログにトラックバックさせていただきました)。レーベルはJohn ZornのTzadikからだそうで、前にもここから出したらしい。日本産カオティック娘は世界を荒らし回ることでありましょう。

■TOKUZO
名古屋市千種区今池1-6-8 ブルースタービル2F Map
Tel. 052-733-3709
地下鉄東山線・桜通線 今池駅10番出口から徒歩2分
http://www.tokuzo.com/
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。