スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「前向きなヒト」

2004年12月01日
特に見るものもなかったので、FNS歌謡祭を見た(途中から見たのでV6の出番を見逃した・・・!)。んで、ドリカムが出ていた。

私はドリカムの吉田美和が生理的に嫌いである。なぜかとよく考えてみると、きっとあの全身から発する「前向きオーラ」が嫌いなのだと思う。同じ意味で私はNo DoubtのGwenも嫌いである。
別にポジティブに生きるのは全く結構なことである。私だって基本的にはそういう方向で生活しているつもりである。でも吉田は高らかにポジティブ宣言してるところが嫌だ。

ほんとはポジティブに生きていても、それをあからさまに出さずに「ちゃらんぽらんにやってる」「後ろ向き」と見せかけるのがかっこいいんではないだろうか。根本的にネガティブな人はやっぱり周りの人に迷惑なので、あくまでも見せかけで。昔の知識人なんかはこういう人が多かったように思う。
吉田は「私、前向き!」とこれ見よがしに宣言しているが、こういうのってある意味素直な人なのかも知れない。単純とも言えるが。私みたいな考え方の方が多分性格が悪いのだ(笑)。

世間的にはやっぱり高らかポジティブ宣言派の方が圧倒的に受けがいい。そんでもって彼らの応援歌を聴いて「私、負けない!」と涙するのだ。応援歌系が好きなヤツとは絶対友達になれない(笑)。

坂井真紀が出ているファンケルの「無添加な人」のCMも、同じような臭いがして嫌である。私は洗顔料とメイク落としはずっとファンケルを使っていたが、先頃洗顔料がなくなってももうファンケルにはしなかった。でも一般的にはこういうCMの方が好感度が高いので、私みたいな一部のひねくれ者ユーザーが減っても痛くも痒くもない。
だからほれ、上大岡トメ著の「キッパリ!-たった5分間で自分を変える方法」があれほど売れているではないか。

なんかな~、こういうのってションベンくせぇっていうか、見てて恥ずかしい。薄っぺらい。自己啓発の臭いがするところも胡散臭くて嫌である。
「後ろ向きを装った前向き」という技巧派が減っていくのは至極残念なことである。
スポンサーサイト
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。