スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Beginner's Guide to Unwound

2014年06月06日
前回の記事で熱く熱くSurvival KnifeとUnwoundについて語ったが、今回はUnwound初心者ガイドのようなものを書いてみたいと思う。前々からUnwoundについて書きたいと思っていたが、日々の雑事に紛れたのと、きっかけがなくてなかなか手を着けなかった。しかしSurvival Knifeのデビューというちょうどいい機会に恵まれた。Unwoundの音楽は本当に素晴らしいし、現在のバンドにも大きな影響を与えているので、再評価されてもいいかと思う。というか、リイシューシリーズも出て、そういう機運は高まっているように思える。

さて、Unwoundのバイオグラフィー的なものは前回の記事を読んでいただくとして、最初に聴くならこれから!というおすすめアルバムを。

repetition.jpg

Repetition (1996 Kill Rock Stars)

1996年リリースの5枚目のアルバム。このアルバムは、「Unwoundらしい」スタイルがよく出ているので最初の一枚に一番いいのではないだろうか。タイトで硬質なサウンドプロダクション、複雑なリズム、縦横無尽に炸裂するフィードバックノイズ、醒めているが訴えかけるものがあるヴォーカル、凛としたエモいメロディ、とUnwoundのトレードマークがこのアルバムでしっかりと固まった。
曲も粒揃いで、ファンの間でも人気の高い曲ばかりである。ポストハードコアの名盤として評価の高いアルバムである。
プロデューサーはずっとUnwoundを手掛けているSteve Fisk(Nirvana、Screaming Trees等90年代オルタナの代表的なプロデューサー)。
このアルバムが気に入れば、きっとUnwoundが好きになると思う。




Challenge_for_a_Civilized_Society.jpg

Challenge for a Civilized Society (1998 Kill Rock Stars)

1998年リリースの6枚目アルバム。プロデュースはこれまで同様Steve Fisk。前作でのスタイルをより進化させ、実験的で洗練された音になっている。極めてタイトな音で、”Laugh Track”や”NO TECH!"は完璧と言ってもいいかっこよさである。このアルバムが多少散漫な印象を受けるのは、前作「Repetition」のようなポストハードコアなサウンドと、次作(結果的にラストアルバム)の「Leaves Turn Inside You」のようなポストロックサウンドが混在しているからだろう。曲の完成度はどれも非常に高いし、文句なしにかっこいい。次作「Leaves…」で究極の境地に達するまでの予備段階とも言えるアルバムだ。気高いサウンドを存分に味わおう。
なお、"Sonata for Loudspeakers" でJustinがサックスを演奏しているのもちょっと珍しくて面白い。




leaves.jpg

Leaves Turn Inside You (2001 Kill Rock Stars)

2001年リリースの、2枚組のラストアルバム。彼らの最高傑作との呼び声が高い。プロデューサーは長年手掛けてきたSteve Fiskではなく、Phil Ekである。これはそれまでの確立されたUnwoundサウンドからの脱却を目指したためであり、その通り、サウンドはポストハードコアからポストロック的なアプローチに大きく変化している。
アルバム全体を包む、夢見るような陶酔感。桃源郷か、あるいは彼岸か、ここではないどこか彼方へと到達し、仄(ほの)暗く柔らかな空間に漂うような、そんなサウンドになっている。
この音は、そんじょそこらのバンドには出せるものではない。ハードコアを通過し、あらゆる経験を重ねた者だけが到達できる、究極の音だ。
Justinのヴォーカルは、これまでのパンクスタイルから虚脱したようなウイスパーヴォーカルになっており、ギターもジャリジャリした感触はなくなり、極度に洗練された、滑らかで胸の痛みを感じるような素晴らしいものになっている。
特筆すべきはSaraのドラムだ。彼女のプレイはこれまでもちょっと変わった癖のあるフレーズを叩き出していたが、こういう静寂感のあるサウンドでは、絶妙なリズムが空間を埋めていくのが際だつ。
Vernのベースは、"Terminus"でのプレイがもうとんでもなくかっこいい。3人のコンビネーションが理想的に溶け合い、奇跡のようなサウンドを生み出した。
この素晴らしいアルバムを残し、彼らは解散してしまった。確かにこんな作品を作ってしまったら、もうやり切ったような気持ちになるのかも知れない。
実は過去に、(私があんまりUnwoundを激賞したせいか知らないがw)何人かの人がUnwoundに興味を持ってくれたのだが、みんな一番手に入りやすいこのアルバムから入ってしまい、「あれ、なんか思ってたのと違う…」となってしまった(;´Д`) このアルバムは、「Unwound=ノイジーなポストハードコア」というイメージで聴きたい人にはおすすめしない。他のアルバムを聴いてから、これを手に取る方がスムーズにその進化に馴染めると思う。逆にポストロックファンの人だったら、これから入るのがいいかも知れない。
なお、CDバージョンには"Scarlette" と"Radio Gra" のエンハンストビデオ(風変わりなアニメーション)が入っている。



これら3枚をまず聴いてみて、気に入ったらもっと過去の作品も聴いてみてほしい。よりパンキッシュでノイジーな音が待っている。
また、「A Single History 1991-1997」というシングル集(とデモ)は、彼らのアグレッシブさと聴きやすさが非常にいいバランスになっているので、これもおすすめ。私の個人的な愛聴盤である。
それからMatador Europeから出た「Further Listening」というベスト盤もあるので、気軽にUnwoundを聴いてみたい場合はこれもどうぞ。



さて、2002年の解散後の事を書いてみよう。
各メンバーの新しいバンド活動については前回書いたので、 Unwound関連で。

Unwoundの現役時代のサイトはこの「Unwound - nervous energy」なのだが、近年になって、メンバー自身が手掛けている「Unwound Archive」というサイトが出来た。1991年から2002年までのUnwoundの全活動の記録と、最新ニュースが詰まっている、読み応えのあるサイトだ。完璧なディスコグラフィーがあるので、より深く聴きたい人にはお役立ち!

このサイトがきっかけとなって、バンドによる自主リリースの「Live Leaves」という、ラストツアーのライブ音源を集めたアルバムが2012年に出た(このアルバムについてのJustinによる文章はこちら)。

また、Unwoundは2013年にNumero Group(過去作品のリイシュー専門レーベル)とライセンス契約を結び、豪華なアナログボックスセットシリーズを2013年からリリース中。これが出たことによって、Unwoundの作品の価値を認められたということで、Justinは新たな活動にあたって勇気づけられたそうだ。
Numeroからリリースされたものは以下の通り。

Giant Henry / Big Baby
これはUnwoundの前身バンドGiant Henry名義のアルバムで、彼らがまだ高校生だった頃の音源。

Kid Is Gone
1st”Unwound"を含む、初期音源を集めた3枚組ボックスセット。レアな写真満載のブックレットも入った豪華版!

Rat Conspiracy
2ndアルバムの「Fake Train」と「 New Plastic Ideas」を含むレア音源を集めた3枚組ボックスセット。

これらはLPかダウンロード音源だけで、CD版はないので注意!まだ今後も出るらしい。

また、このリイシューシリーズのリリースに合わせたJustinとSaraのインタビューはこちら!Unwoundの再結成はないそうです・゚・(つД`)・゚・ でもそれが潔くて彼ららしい。

Unwoundのアルバムは、CDはもうあまり出回っていなくて、あってもかなり高くなっているものが多い。でもiTunesになら完璧にあるので、こちらもどうぞ↓
スポンサーサイト

Survival Knife / Loose Power (......from the ashes of Unwound !)

2014年06月05日
待ちに待ったSurvival Knifeのデビューフルレングスアルバム「Loose Power」が出た!このアルバムが出るのをどんなに首を長くして待ち焦がれていた事か。
といっても、Survival Knifeを語る前に、メンバーのJustin Trosper(Vo、G)とBrandt Sandenoが以前在籍していたUnwoundについて語らなければ始まらない。Survival Knifeは、2002年に突然解散してしまったUnwoundファンにとって、これ以上ない喜びなのである。

Unwoundは1991年にアメリカワシントン州オリンピアで結成された。メンバーはVo&GがJustin、ベースにVern Rumsey、そしてBrandtはドラムだった。1992年にBrandtは脱退してドラムはSara Lundに交代するが(以後解散までこのメンツ)、BrandtはUnwoundのラストツアーにキーボードで参加していたりと常に交流はあったようだ。
Unwoundは1990年代のアメリカ北西部を代表するインディーバンドだ。この記事にもあるが、ワシントンDCにFugazi、NYにSonic Youth、カリフォルニアにPavementがいたように、北西部にはUnwoundがいた。
Unwoundは設立して間もない、オレゴン州ポートランドのKill Rock Starsと契約を結び、解散までこのレーベルと強固な関係性を保ち続けた。KRSはBikini KillやSleater-Kinneyなどを擁し、90年代半ばの「Riot grrrl(ライオット・ガール)」ムーブメントの中心的な存在となっていったレーベルだ。(ちなみにライオット・ガール・ムーブメントとは、簡単に言うとフェミニズム的な主張を持つガールズ・パンク・バンドのムーブメントである。)
Unwoundはライオット・ガールのバンドではないが、ドラムは女性だし、パンクのDIY精神を強く持ち、男女平等主義を尊重したバンドである。

Unwoundの音楽性は「Sonic Youth meets Fugazi」などと形容された事も多かったが、元祖ポスト・ハードコア的な位置にいながら、ノイズロックの要素も多く持ち、複雑なリズム展開で「Prog-punk(プログレパンク)」「Math Rock(マスロック)」とも呼ばれた。
日本ではこの「Sonic Youth meets Fugazi」が仇となってSonic Youthフォロワー、Fugaziフォロワーの一つとして片付けられてしまい、知名度は高いとは言えないが、アメリカでは彼らに匹敵するほど熱狂的なファンが多かった。
ポストハードコアをベースにちょっとエモさのあるメロディ、不協和音を多用するギターノイズ、タイトでソリッドな変則リズムはアルバムを重ねる事に洗練の度合いを増していき、気高く凛としたサウンドは心を捉えて離さない。ノイズを美に昇華した、唯一無二の存在だった。
2001年のラストアルバム「Leaves Turn Inside You」では陶酔のノイズ空間をたゆたうポストロック的なサウンドになり、もうある一つの境地というか到達点に達し、この傑作を残して2002年4月1日(!)に突然解散してしまった。

私がUnwoundの存在を知ったのは、彼らが解散した頃だったと思う。Epitonicという音源ストリーミングサイト(このサイトは一度なくなったが数年前に復活。非常にセンスの良いセレクションで、私の音楽人生にかなりの影響を与えたのであります。)の「Math Rock」のジャンルに彼らの名前を見つけた。マスロックなんて言葉はそこで初めて知ったが、要するにShellac系の、パンク/ハードコアにルーツを持つ、複雑な展開をするバンドの総称らしい。
当時の私はインダストリアルに倦み、新しい音を探していた。ハードコア系のライブにも頻繁に行き始めていたが、Epitonicで試聴したマスロックバンドの音に強く惹かれ、中でもUnwoundの音は、ある意味私にとっての理想形を見たようだった。
解散した頃に知ったから、後追いでアルバムを聴き漁ったが、これぞ私の求めていた音!ストイックに激しく、秘めた情熱をノイズの海に解き放ち、何かを決意したように、崇高の美へと結晶化していくようなサウンド。もっと早く知りたかった!
なお、2002年に日本ツアーも決まっていたようなのだが、解散で中止になってしまったようである。その前には来日したことはある?(Wikiに日本にも来たことがあるような記述があるのだが、中止になったツアーの事を言っているのだろうか?)



↑地元オリンピアでのラストライブ。最近アップされているのを見付けたが、ちょっと涙出た(;´Д`) 素晴らしい最期である。

Unwound解散後は、Sara LundはAndrew Price(Irving Klaw Trio)と共にHungry Ghostを結成(来日もしている)。また、Sleater-KinneyのThe Corin Tucker Bandにも参加している。Vern RamseyはFlora v. Faunaを結成したようだが、あまり活発な活動はしていないようだ。
そして、Justin Trosperだが、長い間何をやっているのか全く分からなかった。が、突如2011年に新バンドを結成というニュースを聞き、狂喜した!しかもUnwoundのオリジナルメンバーのBrandt Sandenoと一緒に!
前置きがとてつもなく長くなったが、これが今回紹介するSurvival Knifeである。


JustinはUnwound解散後、しばらくの間自宅スタジオでオリンピアのローカルバンドのレコーディングを手掛けていたらしい。しかし、その後機材を売り払い、LAに移ってコミュニティ・カレッジ(公立の2年生大学で、誰でも学ぶことが出来る)で人類学と地理学を学んでいたらしい。Justinによると、高校時代からUnwound解散まで、人生のすべてが音楽で、何か音楽以外のことをしたかったそうだ。Unwound解散時、Justinは30歳。確かに30になって、音楽以外のことを全然知らないのはヤバいと思うのも分かる気がする。LAにいた間、音楽活動は一切しなかったそうだ。ライブはもちろん、ギターにも全然触れずホコリを被っていたらしい。
そしてまたオリンピアに戻り、Brandtと話しているうちにまた一緒に音楽をやろうという事になった。Brandtは既にオリンピアのローカルミュージシャンのKris Cunningham(ドラム)とMeg Cunningham(ベース。この二人は夫婦らしい)と活動していたので、ここにJustinが合流して、2011年にSurvival Knifeが誕生した。

リハーサルを重ねた後、まず2013年3月にSub Popから1stシングル"Traces of Me / Name That Tune" をリリース。続いて同年10月に古巣のKill Rock Starsから2ndシングル"Divine Mob"をリリース。そして待望のフルアルバム”Loose Power"を2014年4月にGlacial Pace(Modest MouseのIsaac Brockのレーベル)からリリース!







survival-knife_loose-power.jpg

Survival Knife / Loose Power (2014 Glacial Pace) 

さて、待ちに待った1stアルバム。このアルバムを聴く前に、上記の2枚のシングルを聴いて、その音にびっくりした。あまりにもストレートなパンクロック!Unwoundのラストアルバム"Leaves Turn Inside You"での陶酔ポストロックから、この原点回帰!2ndシングルの"Divine Mob"はこのアルバムの1曲目にも入っているが、パンクの初期衝動が戻ってきたような激しいロックチューン!こう来るとは思ってはいなかったので、かなり意表をつかれたUnwoundファンも多いだろう。
とにかくスーパータイトな音である。かっこいいギターリフを次々に繰り出し、所々Unwoundの香りも残しつつ、激しく突っ走る!UnwoundのギターはJustin一人だったが、今度はJustinとBrandtのツインギターになり(最初ドラムで、キーボードもやるし、マルチプレイヤーだなぁ)、ソリッドでダイナミックなサウンドになっている。
実験的な側面もあったUnwoundに比べて、Survival Knifeのサウンドはかなりキャッチーだし分かりやすい。Unwoundサウンドの要の一つであったフィードバックノイズも抑え、輪郭のくっきりとした音になっている。
しかし、ただ分かりやすくキャッチーになった訳ではない。注意深く聴いていると、職人的なソングライティングを感じさせる、しっかりと構築された曲展開、練りに練られたギターリフ、心憎い凝ったリズムであることに気付く。
Justinはこのインタビューでこう語っている。

「ちょっと年を取って若いミュージックシーンから離れてみると、ただの社会事業のように見えるバンドがたくさんいるのに気付いた。彼らには目指す『サウンド』があるけど、ソングライティングのバックボーンも、超クールなリフもあんまりない。僕はギターの革新のためにメタルを聴いている。90年代にはそんなことはなかったと思うけど、インディーシーンからは面白い演奏が奪われてしまったように思える。エレクトロニック系の音楽の人気と宅録は良くも悪くもあらゆる事を変えてしまった。そういうシーンにはものすごくたくさんの革新的なことがあって、インディーシーンにも引き継がれたけど、山ほどの素人芸のクズをもたらした。公平を期するために言うけど、僕自身、自分が怠惰だったのとあまりにも情報が多すぎたせいで、そういうものに触れてこなかったんだ。(略)
僕たちがやろうとしているのは、ポストパンクバンドとしてでもメタルバンドとしてでもなく、面白いギター中心の音楽を前面に持ってくることなんだ。」
「世間は僕がもっと『アートな』ことをやるのを期待したかも知れない。少なくとも今の時点では、Survival Knifeは完全なロックバンドなんだ。」

90年代のインディシーンを駆け抜けた実績と経験を踏まえ、今、自分たちはシーンに足りない、どんなものを提供できるのか。その答えがこのアルバムだ。
経験豊かなミュージシャンが行きがちなアート系にはあえて行かず、上質なロックンロールに徹する。フレッシュで潔い、誠実な選択だ。かっこいいギターリフのロックに、ちょうど飢えていたんだよ!



↑現在Modest Mouseと絶賛ツアー中!これは2014年5月9日のサンフランシスコでのライブ。SaraのHungry Ghostも一緒に廻っているようでほっこりw

Type O Negative update

2014年06月02日
久々の更新であります。
4/14のPeterの命日に更新しようと思ってたんだけど、なんか忙しくてつい(;´Д`)
Twitterでは命日ツイートしたんですが。
もう4回目の命日でしたね・・・

さて、久々のType O関係の情報アップデートです。

まず、出る出ると言っていてなかなか出版されないPeter Steeleの伝記ですが(去年10月に出るはずだったんですが、加筆等より充実した内容にするため延びました)、ついに!今年のハロウィンの日に出版が決定したらしいです。
このJeff Wagner氏による「Soul on Fire - The Peter Steele Biography」のプレオーダーをこのページで受け付けています。メールアドレスを登録すると、出版の一週間前に手に入るそうですが、日本からだとあまりメリットはないかも(;´Д`)
また、Kindle版はこの半年後に出るそうです。

次のニュース!Johnnyがまた新しくバンドに加入しましたw Pantera/DownのRex Brownのバンド、Kill Devil Hillに、Vinny Appiceの後任としてメンバーになったそうです。
Johnnyは現在DanzigとA Pale Horse Named DeathとSeventh Void(Kennyとのバンドだけどこれは今活動休止っぽい?)と、そしてTONと5つのバンドを掛け持ち中でありますw
現在KDHは絶賛ツアー中で、彼のFacebookページでいろんな所に行ってるのを見かけます。
残されたTONメンバーの中では、Johnnyが現役バリバリで大活躍中、Kennyはあんまりアクティブではなさそう。Joshはもう事実上ミュージシャンは辞めちゃったみたいだし。

最新のJohnnyのインタビュー動画がここで見られます。

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。