スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ツイン・ピークス」再見

2014年02月25日
前回の記事でも書いたが、Huluで「ツイン・ピークス」をもう一度全部見直してみた。こういう昔見たのをもう一度見る、って時はやっぱ見放題がいいね。

「ツイン・ピークス」と聞いて「おおっ!」と思うのは団塊ジュニア以上だと思うので、一応解説。
「ツイン・ピークス」はデヴィッド・リンチ監督の、90年代前半に世界的な大ブームを巻き起こしたカルトドラマなのであります。リンチ監督はそれ以前にも「イレイザーヘッド」や「ブルー・ベルベット」などの映画作品でカルト的な人気を誇っていたが、一般的な知名度がグッと上がったのは、この「ツイン・ピークス」によるものでありましょう。

今のようなスタイルでアメリカのテレビドラマが日本で見られるようになったのは、「ツイン・ピークス」が最初だったと思う。確かにそれ以前からも一部の米ドラマは日本でも人気だったが、「刑事コロンボ」にしろ、「大草原の小さな家」にしろ、地上波テレビでの放送で、家族と一緒に見るものだった。「ツイン・ピークス」は1991年4月のWOWOW開局と同時に放送されるという「衛星放送で見るドラマ」の先駆けであり、レンタルビデオで一気見、という今の米ドラマブームに続くスタイルを作り上げた作品だと思う。

舞台はアメリカ ワシントン州、カナダ国境まで8kmの架空の街、ツイン・ピークス。深い森に包まれ、時代の流れから取り残されたような小さな田舎町で、ハイスクールの人気者だった美少女、ローラ・パーマーの死体が発見される。湖畔でビニールにくるまれた姿で発見されたローラの死は、犯罪とは無縁ののどかな町に衝撃をもたらす。しかし、一見のどかな田舎町に見えるツイン・ピークスは、裏ではドラッグや暴力、陰謀、殺人などの暗黒面を持っていた。そして、深い森の奥には「何か」があった・・・

twinpeaks1.jpg

「世界一美しい死体」とのふれこみの、ビニールにブーケのようにくるまれたローラのイメージ↑は強烈で、怪しい人物ばかりのツイン・ピークス町民の人間関係、謎が謎呼ぶローラの日記、深い森の北ヨーロッパのような寒々しい風景にドはまりする人続出。当時私は二十歳そこそこで、まさにストライクゾーン。私は地上波で放送されてから見たが、確か毎週土曜の深夜、ワクワクとテレビの前に座ったのであった。
また、当時はグランジブーム席巻でワシントン州のシアトルが世界的な注目を集めており、シアトル近郊が舞台というのも相乗効果があったと思う。なんとなくアメリカ北西部がイケてるような空気だったw
なお、ロケ地はシアトルから車で30分くらいのスノコルミーという町周辺で、当時はロケ地を巡るツアーも大盛況。印象的な滝に臨む「グレート・ノーザン・ホテル」は、実際にはSalish Lodge and Spaという高級リゾートホテルである。

さて、前置きが長くなったが、私がこの作品をまた見てみようと思ったのは、当時見始めは熱狂的にはまったのに、途中からなんだかついていけなくなり、結末にもモヤモヤしたものが残り、スッキリしない印象をずっと持っていたからである。
このモヤモヤ感は作品が不出来だったからなのか、私が若くてバカだったから理解出来なかったからなのか、もう一度確かめたいという気持ちをもう20年くらい持っていたw

このドラマは、「誰がローラ・パーマーを殺したか?」というのがやはり一番のキモであるのでミステリーかと思いきや、超自然的なものがフツーに出て来るので、「ミステリー風のホラーサスペンス(&コメディ)」としっかり認識してから見た方がいいと思う。
主役はFBI特別捜査官のクーパー(変人だが)であるし、当時視聴者はみんなクライムサスペンスとしての展開を期待していた。
しかしクーパー(カイル・マクラクランはこれ以上ないほどのハマり具合)の捜査法は夢のお告げが根拠だったり、瓶に石を投げて決めたりと「科学捜査」というものから程遠い( ;´Д`) 優秀な捜査官ではあるのだが、エキセントリック過ぎて視聴者は「ポカーン」w

ただ、かなり初期段階からローラを殺したのは超自然的なもの、という描写は何度も出て来るので、改めて見てみたらあの「ポカーン」は視聴者の思い込みのせいだったかも、という気もする。
また、リンチとマーク・フロスト(リンチと共同で脚本担当)の一番描きたかったのはツイン・ピークスの町と住民であり、誰が犯人かということにはそれほど重きを置いていなかったのではないか?とも思う。異様なほどにキャラクターの私生活を細かく描写しているし(本筋とは関係ない場合が大半)、架空の町の細部を描き込みたくて仕方がなかった、というのが改めて見てみた後の印象である。
キャラクターは突飛な人物ばかりだし、トレカがほしくなる程だw
なお、リンチ自身も耳が遠くてやたら大声で話す、クーパー捜査官の上司という役所で出演している(これ、好きなキャラクターw)。

しかし、改めて見てみると話の展開がほんとに遅いので、今のドラマに慣れた目にはじれったさを感じると思う。
変なキャラクターの変な私生活ばかり描いていて、ちっともローラ殺しの犯人探しが進まないw
でも当時もやはり「だから犯人は誰なんだよ」という世間の声が大きかったので、制作側もプレッシャーに負けてシーズン2の半ばで犯人を明かしてしまった。犯人が分かってしまうと急速に視聴者は興味を失い、視聴率も急降下。

またリンチもフロストも別映画の制作があったので、シーズン2の大半には関わっておらず、脚本も監督も別の人がやったものばかり。特にシーズン2の後半は散漫な印象で、当時私が飽きて来たのもこの辺だった。
ウィンダム・アール(かつてのクーパーの相棒)の復讐のくだりは、あんなにダラダラやらずに2話くらいで決着を着けた方がメリハリついてよかったんではないか?

けれども最終話はフロスト&リンチ脚本、リンチ監督という元々の布陣で、改めて見たらすごく良い出来だった。さすがの鮮やかな手腕である。
昔見た時はスーパーナチュラルな結末にモヤモヤした印象があったけど、今見てみるとホラーとして正しい終わり方だった。
ということは、モヤモヤしたのはシーズン2後半の散漫さのせいであって、超自然的決着のせいではなかったのであった。

と、全体像を再確認して思うに、やはりこのドラマの一番の見所は、生き生きと変な事をする変なキャラクター達だ。
それと、一般的なテレビドラマのレベルを遥かに超える美女がたくさん出て来るので、これもポイントだ。



↑左からローラの親友、ドナ役のララ・フリン・ボイル、グレート・ノーザン・ホテル社長の娘オードリー役のシェリリン・フェン、ダイナーのウェイトレスのシェリー役のメッチェン・アミック。
他にも香港から来た美女、ジョシー役に「ラスト・エンペラー」の皇后役のジョアン・チェンが出演している。

昔見た時は若かったから分からなかったのだと思うが、役者として一番輝いているのは、グレート・ノーザン・ホテル社長のベンジャミン・ホーンを演じている、リチャード・ベイマーなんじゃないかと歳食ってから思ったw ホーンは地元の名士で手広くやってる実業家なのだが、裏では相当悪どい事をやっている。この悪党をベイマーさんは実に楽しげに演じている。悪党だけどどこか憎めないキャラクターなのだ。
調べてみてびっくりしたのだが、彼はあの「ウエストサイド物語」のトニーをやっていた俳優さんなのであった!

そして、美しい自然の風景。この魅力が占める割合も半分くらいあると思う。
この↓オープニングのタイトルバックでも十分感じてもらえると思う。



それから、何度も出てくるダイナーのおいしそうな食べ物。チェリーパイはブームになったし、クーパー捜査官激賞のコーヒー、保安官事務所にいつもたんまり並べてあるドーナツ。これも楽しい見所だ。

「ツイン・ピークス」の魅力、それは「鳥獣戯画」の魅力と似ているのかも知れない。

(なお、ドラマ終了後にドラマの前日譚として「ツイン・ピークス ローラ・パーマー最期の7日間」という映画も撮られているが、こちらは未見)







スポンサーサイト

「セクレタリー」(2002年/アメリカ映画)

2014年02月16日
secretary3.jpg

私は日本上陸時からHuluを見ているのだが、昨日たまたま見てみた「セクレタリー」という映画に思いがけずいたく感動してしまったので、最近放置気味だったブログを更新しようと思い立ったのであります!
(*注* ネタバレありますのでご注意!)

Huluは映画の監督名や出演者情報が全然ないので(これなんとかしてくれよ~)、ジャンルやあらすじから何となく選ぶしかないのだが、この「セクレタリー」は『リーが生まれて初めて挑戦した就職は、グレイ弁護士事務所の「従順な秘書」。変わり者の雇い主、ミスター・グレイとの息はぴったり。彼はリーのタイプミスを何度も打ち直しさせ、体のクセを指摘する。その厳しさに感謝する彼女だが、ある日、タイプミスのお仕置きにお尻を叩かれたリーは、猛烈な快感を覚えてしまう。一方、ミスター・グレイも、リーを教育することで、欲求が満たされるのを感じていた。』というどう考えてもC級エロ映画なあらすじw。しかしジャンルが「コメディ」だったのに興味を覚えたので見てみた。

映画が始まってみると、クレジットにデーンとジェームズ・スペイダーの名前が出たので一気に合点がいったw 彼がグレイ弁護士役で、マギー・ギレンホール(「ダークナイト」etc.)がリー役。この二人の演技が本当に素晴らしく、役にぴったりとはまっていた。

リーは家庭に問題があり、10代の頃から自傷行為をすることで精神を安定させていたが、母親に見つかり精神病院に入院。物語は彼女が退院した日から始まる。
社会復帰のためコミュニティカレッジ(公立の短大みたいなもの)でタイプを学び、その技能によりグレイ弁護士事務所の秘書として雇われる。
グレイ弁護士は彼女のタイプミスや服装、髪を触ったりする癖を厳しく矯正するが、リーは従順に応え、教育してくれる彼に感謝する。初めはダサかわ系だった彼女の服装も次第にエレガントになっていき、見事に「エロい秘書」に変身w 高校時代からの知り合いのピーターともデートするようになり、充実した日々を過ごしていた。

しかし職場にもかわいいお裁縫箱に入れた「自傷セット」を持参しているのをグレイ弁護士は見逃さなかった。彼はリーに優しく語りかけ、二度と自傷行為をしないように約束させる。彼女はグレイ弁護士に上司以上の感情を抱き始める。
その後も相変わらず厳しい教育をするグレイ氏だったが、ある日タイプミスをしたリーに「お尻ペンペンの刑」を!それに思いがけずリーは激しい快感を覚え、以後「ご主人様と従順な下僕」の妖しい関係に。
自宅の食事メニューをグレイ氏に電話報告し、食べる量を細かく指示されて、嬉々として従うリーw
彼女は自分のマゾヒストとしての素質を自覚し、自己を解放していったが、グレイ氏は自分のサディストとしての素質を受け入れられず、彼女の愛を拒絶し、解雇してしまう。
絶望したリーは、ピーターのプロポーズを受け、婚約してしまうが・・・

物語の前半は、エキセントリックなグレイ氏とおどおどしたリーの関係が妖しい緊張感を持って描かれ、サスペンスか?!と思うのだが、物陰からリーの様子を窺うグレイ氏(「家政婦は見た!」張りの怪しさ爆発w)とか、リーのグレイ氏との妄想風景が妙にチープで少女趣味だったりとか、随所笑いどころがw
ジェームズ・スペイダーは、本当にこういう「一見エリート、実は変態」という役が合うw
カイル・マクラクラン(今、「ツイン・ピークス」も見直してるので後ほど書こうと思う)と共に、アメリカが誇る変態エリート俳優だ。ジェームズ・スペイダーは大学生の時に「セックスと嘘とビデオテープ」を見て以来、なんかツボにはまる俳優だったのだが、この「セクレタリー」での演技は「セックス・・・」に勝るとも劣らない素晴らしいものだ。

また、マギー・ギレンホールもすごい美人でもなく、すごいナイスバディでもないところがかえって合っていて、「こういう一見地味で真面目そうなのが実はドMなんだよ~」と思わせるリアリティが。おどおどしていた彼女がMに目覚め、どんどん綺麗になっていくのは女性の自立の物語としても見ることが出来、C級エロ映画かと思ったら実は極めて真っ当な成長物語なのであった。

物語の後半で、この映画が実は純愛物語だったことが分かる。お互いシャイな二人が不器用に心を通い合わせ、こんなに相性がぴったりな相手なんていない!と気付いていく。
リーがグレイ氏の過酷な放置プレイを見事クリアし(この描写がすごいコミカル)、ハッピーエンド!このエンディングが実に清々しく、まさかSM映画で感動するなんて!w 「爽やかな純愛SM映画」というのはこの広い世界にもそんなにないのではないだろうか。
英語版wikiで調べてみたら、スティーヴン・シャインバーグ監督は「マイ・ビューティフル・ランドレット
」(若きダニエル・デイ・ルイス主演の映画で、私の非常に好きな作品)にインスピレーションを受けたと語っていて、性的マイノリティの純愛映画として確かに共通する部分があると納得したのであった。

それと、美術セットにも注目!グレイ氏は事務所で蘭を育てているのだが、闇の中で艶めかしく息づく蘭や、ダークな色合いのやたらデコラティブな壁紙とか、「ああ、変態だな」と思わせるw
それに対してリーの部屋は淡いラベンダー色が基調の少女趣味なインテリア(ロリータっぽいっていうか)で、自傷セットのお裁縫箱もラベンダー色だし、求人情報に丸を付けたペンもラベンダー色だし、彼女の内面がまだ少女から脱していないことをよく表している。
ちなみに、グレイ氏がタイプミスを指摘するペンは真っ赤で、その赤に喜ぶリーは、確実に成熟している。

C級変態SM映画かと思ったら爽やかに感動してしまった素晴らしい作品なので、是非見てみてください!

secretary2.jpg

secretary1.jpg


 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。