スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーグル作りにはまる

2008年07月26日


私はパンの中でもベーグルが大好きである。4年前にニューヨークでどっしりもっちりのを食べてから大好きになった。日本だとふわふわのベーグルとかあり得ないのが多くて、あっちで有名どころ2件のを食べて「これだよ、これ!」と思ったのであった。NYのベーグルはとにかくでかくて腹持ち抜群。

さて、最近まで医者にパンを禁止されていたのでしばらくベーグルもお預けだったが、体がボロボロになって医者を替えたのでパンも解禁!直後は狂ったようにパンばかり食べていた(笑)。んで、またベーグルもいろんな所のを買っていたのだが、やっぱりいまいちモチモチどっしりってのがない。ふと、自分で作ってみたらどうだろう、と思った。

私はどっちかって言うと料理好きな方で、特にお菓子作りは趣味でもあるしここでもいろいろ書いているが、なぜかパンだけは作ったことがなかった。なぜかというと、レシピに必ずある「発酵タイム」がとてもめんどくさそうに思えたからである。私は待つという行為が大嫌いである。
ふとクックパッドで調べてみたら、Cpicon もちもちベーグル by junkoというほとんど発酵がいらないレシピを見つけたので作ってみた。上の写真が初めて作ったベーグル。初めてとは思えない出来だった!!うまいっ!これこれ、このモチモチ感よっ!初めてだったので成形がいまいちだが、味はバッチグー♪
これに味を占め、毎週末にベーグル作りにいそしむように。

080726_02.jpg

↑これはキャラメルクランチをまぶして作ってみた。香りが良くてうんまいっ!


080726_03.jpg

↑これは今日焼いたクランベリーベーグル。なんとなくいつもよりも表面がしわっぽい気もするが、味はGOOD!

ベーグルは買うと1個150~200円くらいするが、やっぱり自分で焼くと断然安いよね。ちょっと高めの材料を使っても、1個あたり材料費は60円くらいかな?
ベーグルは結構もううまくできるようになったので、今度は他のパンも焼いてみたい。

スポンサーサイト

31 Knotsが来る!!

2008年07月23日
今、仕事中なのだが、なんとなくStiffSlackのサイトをのぞいてみたら31 Knotsが9月に来日するらしい!確か前回の来日は私の出産とガチでぶつかっていたような気がする。
名古屋に来るのは7日の日曜日なので、娘はダンナさんに見てもらって行けそうだぞ!わ~いわ~い!会場は今池のTokuzo。うちからチャリで5分くらいだ。サンダル履きで行ける(笑)。こういう距離感はやっぱ名古屋ならではだな。東京だったら渋谷に住んでなきゃだもんな(ちなみに東京公演は渋谷O-Nest。ああ、なつかしいなぁ、Nest。)。

31 Knotsはかなり個性的な音のバンドで、今現在の私の好みの結構ど真ん中。ポストコアって言えばいいんだろうか?でも相当雑食性サウンド。ヴォーカルがちょっと哀感のあるいい味を出しているのだ。上の31 KnotsのリンクはMy Spaceのなので、すぐに音が聞けるから興味のある人は是非是非。
もうすぐ新譜が出るみたいだな♪

ちなみに来日公演は京都→大阪→東京→名古屋。チケ代は2千円~3千円と安いから、是非行ってみて♪

31 Knots Official Site

理不尽な怒り

2008年07月21日
前にも書いたが、去年、うちの弟にも女の子の赤ちゃんが生まれた。私の母は弟夫婦と同居しているので、赤ちゃんの世話を手伝ってあげることができる。
弟夫婦は二人ともいわゆる「IT系」の仕事で、奥さんもこの4月から復帰したので、保育園のお迎えやらなんやらはうちのババがやっているらしい。奥さんの仕事は以前よりはペースは落としてはいるものの、そんなに身体が丈夫な方じゃないので、仕事から帰ってくると赤ちゃんの世話もそこそこにバタッと寝てしまうらしい。赤ちゃんはもう8ヶ月なので、離乳食の世話なんかは母がやってるらしい。他にも洗濯とか犬の世話なんかもみんな母がやってるらしい。

母は別に愚痴る感じで私に電話で話した訳ではなく、「今はこんな感じなのよ~」みたいな雰囲気で話したのだが、私はこれを聞いて何とも言い難い気持ちになった。
私はこんな知り合いもいない名古屋で、ダンナさんとだけで仕事しながら必死に子育てしてるのに、なんで「よその人」がうちのかーちゃんをこき使って、子育ても任せっきりでフルタイムで仕事してんのっ?!という理不尽な怒りを覚えた。

いや、これがほんとに理不尽な感情だというのは自分でもよ~く分かっているのだ。ほんとだったら弟の奥さんだって姑抜きの「核家族」で暮らしたいだろうし、うちの母と一緒に住んでくれているのは私もありがたいと思っている。せっかく母の手があるのだから、奥さんの子育てを手伝うのは当たり前なのだが、離乳食も作らないで家事も全然しないで、外で働いてるからそういうのは当然、ってのはどーよ?!とどうしても思ってしまうのだ。
母は私に「アサコは昔から要領が悪いと思ってたけど、子育てしながら家で仕事しててもダンナのご飯とかも作ってんのよね~、と思ったら、結構頑張ってんじゃんと思った(笑)」なんて言いやがった(^^;

ところで、私のいとこ(30代初め)に女医をやっているのがいて、私よりも少し前に男の子を出産した。ダンナさんも医者で、産後すぐに復帰して、バリバリ仕事をしている、誠にうらやましい高収入医者カップルである。
彼女は出産前にわざわざ実家のそばに引っ越してきて、親に子供の世話をドップリ頼り切っている。そのおかげでガンガン稼げるんだからいいわよね~。
そういえば、うちのマンションの管理人さんの娘さんも私の1ヶ月後に出産したのだが、管理人さんになんだかんだ頼ってて仕事してるよな~。みんな親に頼らなきゃ仕事できないのかよ、と言いたくなる。

このどこにもぶつけようのない感情は、妊娠中に買った「母になる!」という特集のCREAを読んだときにも味わったのを思い出した(その記事はこちら)。かっこいい肩書きの子持ちキャリアウーマンがいろいろ出てきたが、みんな実家や義母のものすごいヘルプに頼っていた。だから、首都圏に親がいない人は、働きたくても専業にならざるを得ないか、せいぜいパート止まりだ。従って世帯収入はフルタイム共働きよりも当然下がる。ああ、これが格差でしょうか。
それか、ものすごく稼いでフルタイムのシッター付ける、というパターン。こういう人の方が偉いよな。親に頼りっきりでキャリアぶってるのより。

私はたまたまSOHOで出来る仕事だったから辛うじて子育てと両立できているが、そうじゃなかったら上で書いた専業コースだ。実際、最近今の仕事が危うくなりそうな所だったので、「保育園に預けてパートに出るか・・・?」と真面目に考えた。でもパートじゃ保育料で稼ぎがなくなるし、どうしたもんかと思っていた。幸いまたなんとかなりそうでよかったのだが、またいつこうなるか分からない。私の今までのキャリアを生かせる仕事はフルタイムで働くしかないし、頼れる人もいないでそれは無理なようで・・・

ああ、子育てと仕事の両立は、この日本じゃまだまだ難題なのであった。

暑い・・・・・・・

2008年07月15日
まだ梅雨も明けてないって言うのに、なんでこんなに暑いんだよっ!名古屋36℃ってどういうことだよ。これじゃ真夏が思いやられるよ。
体脂肪が激減したこの冬の寒さはほんとに堪えたが、やっぱり夏のこの暑さも耐えられない。ああ、常春の国マリネラに住みたい・・・

私が小学生の頃は、30℃越える日はそんなになかったように思う(@東京郊外)。夏休みのプールのために天気予報を見ていて、30℃以上の予報があると「わ~、今日はものすごく暑いんだなっ!」なんて思った記憶がある。それでもせいぜい31℃くらいだ。夜もクーラーをつけて寝るのは夏の間でほんの数日だったように思う。暑いことは暑いが、窓を開けていれば何とか眠れた。今は毎晩クーラーがないと眠れない。
これはもう二十ウン年前、四半世紀以上前の話だから、本当にこの何十年かで地球の気温は上がっているのだ。

31,2℃だったら何とか耐えられるが、やはり34℃、35℃となると外には出られない。温暖化に悪循環と思ってもクーラーなしじゃいられない。これじゃ娘を公園にも連れて行ってあげられない。真夏はどこに連れて行けばいいのやら。うちの近所はプレイルームの充実しているスーパーがないしなぁ。

まぁこの暑さにもうんざりなのだが、今年は早々に夏休みの旅行をもう手配したのだ!昨日で予約完了。去年は東京に帰ったので全くリゾート気分が味わえず疲れ切ったので、今年は伊賀の高原にある観光農場(モクモクファームという)と、琵琶湖に行くことにした。最初信州に行くという話もあったのだが、白樺湖なんかは東京からも行けるので、名古屋からならではの所がいいのだ。琵琶湖は初めてだよ~♪
関西が近いんだから京都なんかにも行きたいのだが、暑いし小さい子もいるしな。

とにかくこのくそ暑い日常からエスケイプしたいのであった。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。