スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シリーズ アメリカ近代写真のパイオニア エドワード・ウェストン」展(+ 「江戸の誘惑」展)@名古屋ボストン美術館

2006年08月17日
「オウムガイの貝殻」 「ピーマン」

1月のアンセル・アダムズ展、5月のアルフレッド・スティーグリッツ展に続き、シリーズ第3弾のエドワード・ウェストン展名古屋ボストン美術館まで見に行った。今回のウェストンは、私の最も好きな写真家なので一番楽しみにしていた。

エドワード・ウェストン(1886-1958)は当初はその当時流行していたソフトフォーカスの絵画風写真から出発し、そういう作風でかなり高い評価を受けていたが、やはりスティーグリッツの「ストレート写真」に衝撃を受けて転向した。
彼は非常に鮮明な静物のクローズアップ写真や、造形的なヌード写真などで有名である。特に「オウムガイの貝殻」(上の左側の写真)や「ピーマン」(右側の写真)は彼の代表作だ。私が彼の作品を初めて見たのはいつ頃だったか覚えていないが、この「ピーマン」には相当な衝撃を受けた。ありふれたピーマンが、こんなにメタリックに撮れるということに驚愕した。そしてどこか官能的な雰囲気も漂う。彼は物体を肉体のように、肉体を物体のように撮る。ヌード写真(下の写真)は後に彼の妻となるカリスを写したものが多いが、体の部分をオブジェのように撮っている。それに比べてこのピーマンは、まるでメイプルソープの黒人メイルヌードのようだ。貝殻や野菜をこんなにエロティックに撮る人を私は他に知らない。
中期はこういったモダニズムを極めた作風だったが、後期になると荒涼とした自然の中で見付けた造形的な物体や、砂漠の中の風景を撮るようになる。「ホット・コーヒー」(一番下の写真)のように、砂漠の中に忽然と現れたコーヒーカップというシュールな風景。彼は当時盛り上がりを見せていた、シュールレアリスム運動にも鋭く反応していたのだろう。

今回の展示は枚数もかなり多く、ウェストンの軌跡がよく分かり、見応えがあった。彼の写真集は持っているので家でも見られるんだけど、やっぱりこうしてズラッと並ぶとどういう写真家なのかよく理解出来る。精緻なクローズアップやこれ以上ないほどの絶妙なフレーミング。ありふれたものを全く別のイメージに見せてしまう技術。写真とは一瞬を切り取るもの、と言う言葉がまさに実感出来る偉大な写真家だ。
今回のシリーズ展のような試みは日本ではあんまり見たことがなかったので、まさにこの辺の写真家が大好きな私には非常にありがたい企画だった。

「ヌード」


「ホット・コーヒー」


Edward-Weston.com
アーティストガイド - エドワード・ウェストン

+ + + + + + + + + + + + +
さて、上記のウェストン展は「オープンギャラリー」での展覧会で、この美術館としてはあくまでもサブ。メイン会場の「ボストンギャラリー」では「ボストン美術館所蔵 肉筆浮世絵展 江戸の誘惑」展をやっていた。私はウェストン展を目的に行ったんだけど、どうせだからこっちもついでに見てみた。この辺は特に詳しくはないけど、前々から浮世絵には興味を持っていたので。私はなぜか知らないけどラインを強調した作風のものに惹かれる傾向があるのだが(だから印象派は大嫌いだ)、浮世絵はその極み、っていうか原点のようなものだし。
浮世絵というのは通常は版画だが、時に特別な注文などにより、浮世絵師は肉筆の一点ものの作品も描いた。明治時代に日本にやってきたアメリカ人医師、ウィリアム・ビゲローは、菱川師宣や喜多川歌麿、葛飾北斎、歌川広重などの数多くの肉筆浮世絵を買い集め、そのほとんどをボストン美術館に寄付した。

一点ものの肉筆ということで、屏風や掛け軸に描かれたものが多かったが、やはりその主題は庶民の行楽風景とか吉原の花魁などが多い。で、やっぱ美人画が多数を占めるのだが、私はあんまりそういうものには興味がない。興味を引かれた、と言うかやっぱすごいと思ったのは葛飾北斎だ。その迫力は群を抜いている。伝説の妖怪や獅子、鳳凰、龍などが今にも飛び出て動き出しそうな勢いだ。「鏡面美人図」という美人画もあったが、これは鏡に顔を映している女性の後ろ姿で、非常に斬新な構図。
浮世絵にはあまり知識もなかったけど、北斎が私の好みに合うらしい、と言うことが分かったのが収穫だった。寄っていってよかった。

名古屋ボストン美術館は赤字で存続が危ぶまれていたらしいけど、この日は大入りだったぞ。ボストン美術館から所蔵品を貸してもらう代わりに、あっちに何十億も寄付をしているらしい。それが赤字なので市で問題になったらしいが、寄付金を減らすことで一応存続出来たらしい。私は名古屋に来て一番通ってるのがここなんだけどな。私好みのものをやってくれることが多いのかな。
「だから赤字なんだよ」とダンナさんに言われた(笑)。そりゃそーだ(^^;
スポンサーサイト

ああ~、ほんとにごめんなさい

2006年08月09日
この前、赤ちゃんに三種混合ワクチン(ジフテリア、破傷風、百日咳)の予防接種を病院で受けさせなきゃいけないんで、うちから一番近い、わりと評判のいいらしい小児科専門医まで行ったのだが、ここがうちから2kmくらいと微妙な距離。この炎天下をベビーカーで行くのは死にそうな距離だし、かといってタクシーでは近すぎる。もう首も座ったことだし、思い切っておんぶして自転車で行ってみた。うっひょ~、やっぱチャリは快適~♪赤ちゃんもベビーカーより速いから楽しそう。日焼け止めをしっかり塗って、帽子を被せて行ったのだが、3wayの抱っこひもはモコモコしてるから暑そうなのが難点だ。病院に着いた時は茹でダコみたいになっていた(笑)。もっと涼しそうなおんぶひもはないのかな。
でも、ベビーカーは大人の高さよりも低いのでアスファルトの熱をもろに受けるし、何よりこのクソ暑い中を歩く気にはとてもならないので、これ以来専らチャリでいろいろ出掛けている。ベビーカーよりグッと行動範囲が広くなったので、私も気分転換になっていい。

で、先日イオン千種までおんぶ+チャリで行ってみた(赤ちゃん連れだと行きやすいイオンばっか行っててトホホなんだけど)。暑くなる前に一度ベビーカーでも行ったことがあるのだが、延々と歩いて行ったのでさすがにくたびれる。ダンナさんがいる時に車でも行ってみたが、うちの赤ちゃんはチャイルドシートが大嫌いみたいでずーっとギャン泣き。初めて車に乗った時は大丈夫だったのに、どうすればいいんだ~?!(ちなみにイオン店内のベビーカーに乗せてもギャン泣きする。固いから嫌なのかな。おかげで中に入ってもおんぶで疲れ果てる)
イオンの周りをぐるっと廻ってみたら、なんかずいぶん変わっててびっくり!すぐ横にはJR中央線の高架が走っているのだが、このガード下にズラッと新しい飲食店が出来ていた。5,6軒はあったかな?カフェが2軒ほどに、洋食店、おしゃれ焼肉店(←自分で書いてても変な言葉だ)、北海道料理店などだったと思う。この中央線の高架下は鶴舞駅と金山駅の間にもたくさん店が出来ているのだが(これとかこれの記事参照)、あっちの方はそれぞれ個人経営のお店、っていう感じなのに対して、こっちはもっと大きな資本でまとめてオープンした感じ。お店も大箱っぽい。このうちの一軒の名前を覚えていたのでサーチしたら発見。「Cocco」というカフェ。

あ~ん、こういうお店を見付けたらすぐに入ってみてレポをしたくなるのだが、なんせまだ5ヶ月の赤ちゃん連れ、おしゃれカフェはハードルが高すぎる。ギャン泣きなんかされたら速攻退店だ。イオンの中の店なら(比較的赤ちゃん連れには寛大だから)大丈夫かと思って試したのだが、最初はベビーカーが嫌で泣いたのでフードコートで我慢。この間は抱っこで寝ていたので、今がチャンスとカフェドクリエに挑戦。なんとかクリア(^^; スタバは次の挑戦課題だ。
名古屋に来てからはカフェ巡り(笑)が結構楽しみになっていたので、いつ頃になったら再開できるだろうか。1歳くらいになったら大丈夫かなぁ?泣いたり騒いだりしないようにビクビクしてお店入るのもなぁ。

私が独身~子無しの頃は、まさにこういうカフェとかレストランにうるさい子供連れがいるとギロリと睨むやな女であった(笑)。今、自分が赤ちゃん連れの身になってみて、本当にあの子連れのお母さんたちに平身低頭、心の底から謝りたい(^^; あの頃は「しつけのなってない子供なんか連れてこういう静かな店に来るなよ、ファミレス行け、ファミレスに」と思っていた。しかし、家に籠もりがちな育児中のお母さんこそ、たまにはおしゃれなお店で気分転換が必要なのだ。
未だに負け犬マインドが抜けず、心情的にはそっち寄りの私だが、こういう時はやっぱり子育て経験のある女性の方が優しい。実際、赤ちゃん連れで外出している時、特に最近のおんぶでの外出時には、(あえてこういう呼び方をするけど)「おばさん」にいろいろと親切にしてもらった。脱げてしまった帽子を直してくれたり、レジで泣き出したのをあやしてくれたり。赤ちゃん連れの外出の苦労をよく分かっているから、そういう人を見かけると優しくしてくれるのだろう。でも昔の私はそういう想像力に欠けていた。子供を産まなければ分からない事というのは確かにあるのだ。

さて、私達夫婦も、たまに外出しても食事はフードコート、というのにはさすがに嫌になってきた(^^;(この前なんか、「フードコートが充実してる」ってことでわざわざ高速使って刈谷のハイウェイオアシスまで行った。食事のために) ちゃんとしたレストランで食事したいよ~。うちの近所によさげなイタリアンレストランもオープンしたのに。で、たまには赤ちゃんをベビーシッターに預けて、ちょっと食事にでも行ってみようか、なんていう話も出ている。あと、この前母が遊びに来た時に、セルフ形式なんでカフェグローブにブランチに行ったのだが、午前中は機嫌がいいからオッケーだった。ランチだったらそろそろレストランでも大丈夫かな?あと、個室のお座敷のある和食系の店とか。まだファミレスには行ったことがない。

赤ちゃんのいる人は、大体何ヶ月くらいでちゃんとした外食とか旅行に行ったりしてるのかな?旅行にもそろそろ行きたいよ~。もういい加減リフレッシュしたい。最後に行った旅行は去年の10月の伊勢志摩だもんなぁ。1泊でいいから温泉行きたい。お盆休み頃には6ヶ月になってるので旅行に行こうかと思ったんだけど、予約に出遅れてまだ予定なし。秋になったら行ってみようかな?

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +

ところで、今、ちょっと新しいブログを始めようかと準備している(この忙しいのに ^^;)。自分が実際に使ってみたベビーグッズのレビューをやろうかと。こういう経験談って自分も非常に参考になったので、私の経験もお役に立てばなぁということで。
ってか、このブログも育児の話ばかり出てきて焦点がぼけてきてしまってるので、育児関係はそっち、音楽&名古屋関係はこっちにきっちり分けようかな~と思って。って言ってもこのブログはそもそもcoldburnの日記部門っていう位置付けなんで、厳密には分けられないと思うけど。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。