スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

溺れたエビの検死報告書@渋谷 屋根裏/Bacteria, 101A@渋谷Cyclon

2004年08月08日
さて、今日はちょうど101ABacteriaが渋谷でライブなのでもう一泊して見ていくことに。夜まで暇なので新宿でパークタワーや伊勢丹に行ったりとブラブラ。

渋谷に移動しCyclonまで行ったら、隣の屋根裏で「溺れたエビの検死報告書」がやるらしい!このバンドはダンナさんが見て衝撃的だったそうで、ちょっと気になっていた。京都のバンドなのであまり見られないし、Cyclonの前にちょっとハシゴ。
だいぶ押していたが、エビ登場!うぉ~、ほんとに全員エビのマスク被ってる!目が光ったりしてかなり凝った造りだ。いつもはダンサーとかいたりするそうだが今日は4人、じゃなかった4尾。
色物だと思ったら、演奏聴いて驚愕!すっごい巧いのだ。バンド編成はエレキチェロ(?)に太鼓(ドラムではなく吹奏楽とかである「太鼓」)、鉄琴、あとガスボンベとか謎のハンドルとかが組合わさったメタパーみたいなの。Voはなし。非常に異色だ。サウンドは低音がズンズン来るパーカッションを強調したもので、アヴァンギャルドっていうかフリースタイルっていうか、とにかくかっこいいのだ。Ruinsとかと一緒にやってもおかしくなさそう。Der Eisenrostも合いそうだ。エビだけど(笑)。一曲終わるごとに観客が拍手をすると、メンバーはエビっぽく手を前でコショコショ動かすという小技を。これ、ちょっとかわいい(笑)。ピョーンとステージから跳ねて客にフライヤーを配ったり、エビらしく振る舞う。
とにかく衝撃的でハートにズキューンと来てしまった。エビさんにLOVE♪

↓溺れたエビの検死報告書
080804_1.jpg


080804_2.jpg


080804_3.jpg


エビが終わってCyclonにダッシュすると、もうBacteriaが始まっていた。彼らを見たのは結構久々かな?今日の演奏はかなり熱くていいものだったと思う。ギターノイズがスパークしてる感じだった。最初から見たかったな。

↓Bacteria
080804_4.jpg


080804_5.jpg


080804_6.jpg


そして次は101A。先週名古屋で見たばかりだ(笑)。300km以上の距離をものともしないこの軽いフットワーク!彼らも今日はいつもより熱い演奏だったような気がした。今日のこのイベントの空気がそうさせるのかな?先週よりよかったと思う。

↓101A
080804_7.jpg


080804_8.jpg


080804_9.jpg


最後はこのイベント主催のSpanky Doll。レコ発ライブだそうだ。初めて見たが、Nirvanaっぽい感じ。終わりから3番目の曲がかっこよかった。

ってことで2会場掛け持ちで、今日は渋谷に場所を移してサマソニ二日目(笑)。グッとスケールは小さくなったが(^^;
しかし濃い一日であった。エビさんに出会えて良かった♪
スポンサーサイト

Summer Sonic '04

2004年08月07日
サマソニに行くためまたダンナさんと東京へ。なんか毎月東京に帰ってるな。
海浜幕張駅で荷物をロッカーに入れようとしたが全然空きがない。会場もダメ。重い荷物を持ってうろうろしてたら、ライブ前なのに疲れた。仕方ないからロッカーの上に置くという事に。

Darknessがキャンセルになったので代打は誰かと思ったらWildheartsだった。一昨年もここで見たな。よく来るな。6日深夜の時点ではまだHPでも未定となっていたから、昨日の今日で決まったのか。彼らはきっと日本に住んでるに違いない。

今日は暑いからメッセから出ないぞ。2時台は特に見たいのがなかったので、Peachesというのを見てみる。ビッチ系ねーちゃんの一人打ち込みカラオケって感じだったが、大きな会場でステージに一人というのはなんだか見た目がしょぼい。すごく小柄だし。音もいまいち。音源で聴けば違うのかも知れないが。「エレクトロクラッシュ」なるジャンルの人らしい。

次はTommy Heavenly6。ブリグリ女子のソロだが、あのメガネ掛けてるのは「Tommy February6」で、Heavenlyの方はフツーのバンド系だとダンナさんに聞いて初めて知った。なんだ、メガネのやつを見たかったのに。あっちはアリだと思うが、こっちはどこにでもある女子Voバンドって感じであまり面白くない。途中で隣のステージに移動。

そしてDamned。いきなり「We are Sex Pistles!」と宣言。このネタは何度もやっていた(笑)。ありゃ、女房のPatriciaがいない。あのベースは誰だ?Dave Vanianは疲れたマフィアみたいな格好、Captain Sensibleは原始人風アニマル柄片袖ワンピ(笑)。演奏したのは私でも知ってるような有名な曲ばかりだった。客も非常に盛り上がる。オールドファンばかりかと思っていたら、意外やヤングな皆さんもかなりいた。それもイントロに歓声を上げる人が多かったから、フラッと見てみたという訳ではなくちゃんとアルバムを持ってるファンだと思われる。この時間スタジアムの方ではSum41だったから普通のパンクキッズはそっちへ行くはずなのに、「あんなのパンクじゃねぇ、やっぱ俺はオールドスクールだね」というひねくれ者が多かったのだろうか?(笑)。「New Rose」とかで彼らがモッシュを始めるので私は吹っ飛ばされ、やむなく後方へ。よく会場を見回すと、確かにオールドファンらしき人もいた。森脇ミッキーみたいな人もいた(笑)。
Vanianの声も張りがあったし、良い演奏だったと思う。楽しいライブだった。

Damnedが終わるや否や隣のGo-Go'sへダッシュ。彼女たちが売れたのはちょうど私がロックを聴き始めた頃で「ベストヒットUSA」でよくPVがかかってた。まさかこの年になって生で「We've Got the Beat」を聴くとは思わなかった。メンバーはもうとっくに40代になってると思うが、ルックスはまだまだ保ってるぞ。Belinda CarlisleもまだスタイルはOK。ってか、メンバーみんな服装バラバラ。Belindaは黒の地味なワンピースかと思うと、女子高生みたいなカッコしてるのや看護婦みたいなのや。訳分からん。でも一応それが似合ってたのでよし。

その後はBrides of Destruction。元Motley CrueのNikki Sixxと元LA GunsのTracii Gunsの第二の人生である。実は中学生の頃、私のアイドルはNikkiであった。「Nikki Sixx程かっこいい男はこの世にいない」とマジで思っていた(恥)。Nikkiはさすがに20代の頃のしなやかな体型ではなかったけど、なかなか保存状態はよかったので一安心。

で、音はやはり懐かしのLAメタル(しかしB級)。90年代以降のラウド系を通過した耳にはこういう音はなんだか新鮮というか珍奇というか。ラウド系とは根本的にリズムが違う。ベースは全然跳ねないからキッズもジャンプ出来ないなぁとかいろいろ分析してしまった。
そしてファッションも今はとんと見かけなくなったパイレーツ系(つまりスカーフとかいろいろぶら下げてるやつ)。特にVoのにーちゃんは天然記念物だ。
まぁ悪くはないんだけど、楽曲が平凡で魅力に欠ける。しかも途中でTraciiのギターソロがダラダラあったりしてきつい。Motleyのいい所は、Mick Marsが地味なので出しゃばってギターを弾かなかったことだ。だから「ロック」だった。ってか、今のヘヴィ系ロックのギターの先駆けでもあったと思う。
いまいちだなぁと思っていたらアンコールでTraciiが「What do you want to hear?」と観客に聞く。やっぱNikkiがいるんだしMotleyの曲に決まってんじゃん!すると「Live Wire」を演奏!一同狂喜乱舞。あと「Knock 'em Dead Kid」と「Shout at the Devil」と、私の好きだった1stと2ndの頃の曲ばかりだった。Voは歌い方もVince Neilっぽくなった。Motleyの曲はやはり出来が良かったと改めて思う。しかしここで一番盛り上がるって、バンド的にはどうなんだろう(^^;

最後にMC5をチラッと見る。VoはLemonheadsのIvan Dandoだ。この人以前はいい男扱いされてたけど、単なるおっさんだった。ということで懐かしさいっぱいの一日であった。
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。